これもまた愛

LOVE KENTYって言いたい

地球 東京 僕の部屋

※この記事はSexy Zoneのことではありません。

(このブログ、、誰が読んでいるのか、わかりませんが、、一応、注意書きとして)

 

和田くんがすごいってことを書いておきたいだけの記事なんです。

 

和田唱、ファーストソロアルバム

「地球 東京 僕の部屋」

これが、素晴らしくて、泣けました。

 

今年、小沢健二の「アルペジオ」にも泣かされたのですが、それ以来今年2回目(覚えてないだけで他にもあるかなあ)

 

ちょっとだけ、和田くんとケンティーに同じものを感じている部分があって、

それもあるから書いておきたい。

(すごく少しだけですけどね)

 

  1. 和田唱とはいったいだれか。
  2. TRICERATOPSとはどんなバンドか。
  3. 和田唱のソロアルバムについて。

 

(という順番でいきたくてリストっていう機能を使ってみたがよくわかんない笑)

 

1.  和田唱とはいったいだれか。

 

和田唱は、わだしょう、です。

 

f:id:catoonu:20181118110608j:image

 

TRICERATOPS(トライセラトップス)というロックバンドのボーカル兼ギターである。

 

ボーカルの名前が唱だなんて、こんなよくできた話があったものだな、と思うけど、響きや形を意識した名前の付け方だったとか聞いたことがあるので、偶然なんだろうね。運命かもしれないし。

 

和田くんのお父様は、和田誠さんです。あの「週間文春」の表紙のイラストは和田誠さんです。調べたら1977年からずっとで、2000回を超えてる、と。すごい。ほかにもいろんなお仕事されていて、小泉今日子の映画「怪盗ルビイ」の脚本、監督もされていると知ったときには驚いた。

 

お母様は、あのお料理愛好家の平野レミさんです。あのお母様に育てられたからの今の和田くんなんだな、といつも思うし、平野レミさんは見るたびに笑うからすごい笑。

 

最近、レミさんがよく一緒に出ている和田明日香さんは和田くんの弟さんのお嫁さん。嫁姑であんなにストレートな物言いができるのは気持ちいいけど、すごい笑

 

和田くんの弟さんの率くんは、元電通で今は独立されてお仕事しているのかな。

 

そんな家族に生まれ育った和田くんは2016年に結婚しまして、奥様が、女優の上野樹里さん。(のだめカンタービレ見たことないけど、イメージがあれでした)

 

和田くんの交際のニュースを見て、数ヶ月後のご結婚のニュース。

 

ご結婚は、、、わたしには何かがショックだったのですが、それを何か突き止められないのです。

でも幸せそうでほんとよかったと思う。

 

この前上野樹里さんがテレビで、ドラマで忙しくてリビングで寝てしまうと旦那さんがお姫さま抱っこでベッドまで運んでくれるというのを話していました。和田くん!和田くーーーん!!!(理由のわからない咆哮)

 

ここまで書いてもけっこう家族に特徴あるよね。

 

本人は育つ中では全然普通でした、というけど、普通ではない…

普通って何?ってことはあるにしろ…

 

ご実家、都内のいいところでだいぶ大きなおうちですし。

 

とにかく!

 

要するに、お坊っちゃんでしょう!和田くん!

 

そして、都会育ち!圧倒的に都会!表参道!

 

悪いことじゃない。

大事に育てられたと感じるし、それが作品にもよい影響を与えていると思う。

 

(もう42歳、、もうすぐ43歳の男性に対して育った環境のことあれこれ言うのもなんですが、今回のソロアルバムには多大な関係があるのです)

 

ここで、わたしがすきな和田くんエピソードを1つ。

 

ある日ライブの楽屋でほかのミュージシャンと一緒だった和田くん。

 

コーヒーメーカーの使い方を教えてもらってコーヒーを飲む。

 

もう一杯飲もうとしたときに、教えてもらったように操作するも、なぜかコーヒーが出てこない。

 

コーヒーメーカーに向かって

 

カモン!!

 

と言ってる和田くんを見た、という…。

 

たまらないでしょー?笑

ロックスター!笑

カモン!って!笑

 

そして、このエピソード、ちょっとだけケンティーみを感じるのです…笑

 

それと、和田くんは楽曲提供もやってます。

f:id:catoonu:20181118151650p:image

ジャニーズにもしてるのよ。

山Pの、原始的じゃナイト〜アナログ ラブ〜って、ほんとに和田くんの作詞なのかよ笑と思って調べたら、

 

作詞:和田唱

作曲:久保田利伸

編曲:大沢伸一

 

って書いてあった…!

ええっすごいな、この曲。

びっくりしたんだけど。

わたし的にこんなメンツで1曲を作るなんて夢のよう…笑

 

山Pすごい…

 

一応、山Pファンの声も確認しておこうとたまたまみた方の感想では、歌詞が山下くんらしいとのことで好評でした。

わたしがなぜかホッとしました笑(だって、タイトルがさぁ)

 

あと、キスマイの「SNOW DOMEの約束」ね。

これはアイテムも和田くんっぽいな、と思った記憶あり。(それだけかよ)

 

SMAPさんにもね。

草なぎ剛氏のギターの先生もやってたしね。

草なぎさんとギター弾いてるときの和田くんの説明が、長嶋茂雄みたいで笑った記憶があります。笑

 

(この調子で書いていくと長くなるな…)

 

 

 

2. TRICERATOPSとはどんなバンドか。

 

TRICERATOPS(トライセラトップス)は1997年にデビューした3ピースのロックバンドです。

通称トライセラ

 

林幸治(ベース)、吉田佳史(ドラマ)と、和田くんの3人組です。

 

f:id:catoonu:20181118113802j:image

(左から、吉田佳史和田唱林幸治、です)

 

バンド名は、トリケラトプスの英語読み。

 

3人だからツノが3つのトリケラトプス、かと思いきや、最初は3人にこだわってなくて、もう1人ギターがいても、鍵盤がいてもいいと思ってたそうな。

 

3ピースのバンドって、大変なんだよね。

 

トライセラはギターの和田くんがボーカルもやっているから、弾きながら歌わないとならないじゃない?

 

弾きながら歌うのって、大変。

 

そんなの、いっぱいやってる人いるじゃん、

と思ったそこのアナタ。

 

いるんだけど、そりゃそうだけど。

 

だいたい、バックに他にもギターの人がいません?

 

たとえば、ソロのアーティストだったら、ほかにサポートの人たちがいるじゃないですか。

ギターじゃなくても、鍵盤がいたり。

 

本人も弾いてるけど、メインはボーカル、みたいな。

 

4人組、5人組も、だいたいギターが2人いることが多いじゃない?

または、ボーカルはボーカルだけ。

 

そして、3ピースというのはロックバンドの最小形態と言われます。

 

ギター、ベース、ドラム、に、ボーカル。

 

ベースとドラムでリズムを作って、その上にギターを重ねて、そしてボーカルが乗るわけじゃない。

 

3ピースバンドのライブは、誰もサボれない!

 

誰かがとちってもわかりやすく、手を止めたら音がカスカスになります。

 

そもそも、3つだけだから、間違えなくても、相当頑張らないとスカスカになっちゃう。

 

その3ピースでギターやりながら歌うんだから、まあ大変。

 

しかも、トライセラはリフを使った曲が多いから。

リフ弾きながら歌うのって大変!

 

リフとは:リフレインのこと。

 

同じフレーズを繰り返して曲が構成されてるの、あるでしょう?

 

リフを使うと繰り返しの中からグルーヴが生まれるんですよ。

ようするに、のれる!踊れる!(ダンスという意味ではない)

 

有名どころでいえば、、なんだろ笑

ザ・ローリング・ストーンズの「サティスファクション」とか?

 

最近の邦楽だったら、、、印象的なのは、[Alexandros](なんでバンド名にカッコついてるんだろ)の「ワタリドリ」のイントロとか、、かなあ。

 

でも、ワタリドリは、イントロはめっちゃ渾身のギターリフが炸裂してるけど、そのあとはコード進行じゃないです?

 

日本の音楽にはギターリフ1本をゴリゴリに推し進めていくスタイル、あんまりないよね。

(サティスファクションはそうだよ)

 

ギターリフにメロディーが乗っかる曲って、どういうことで作れるのか、と思うこともある。

 

今年、関ジャム(テレビ番組)でギターリフ特集やってたんですけど、、

 

プロが選ぶすごいギターリフ30選

 

とかやっててね。

 

1位はデビッドボウイの「Ziggy Stardust」

2位がワタリドリ

でした。

 

でもさー!

トライセラを入れろ!

と、真剣に思ったのだが。笑

 

この番組の場合、どうも、いわゆる、あの時代のビジュアル系に偏ってんのよー

 

まあ、ゲストの方もそうでしたし、そんなものかも。

 

トライセラはビジュアル系全盛期に、真っ正面から違うことやってたから。

 

ロックが、髪が長くてメイクしてて衣装着てて、、みたいなのじゃない。

 

普通の服で(Tシャツとジーンズとスニーカー)でステージに上がるぜ、ということをやっていたのでね。

 

あ、話逸れすぎた。

 

とにかく、トライセラといえば、リフ。

 

リフを使った曲は作るのも演奏しながら歌うのもけっこう難しいんだぜ、ってことが言いたかったわけよ(長すぎ)

 

そんな3ピースの姿勢に、わたしはロックを感じてましたね〜

 

トライセラだいすきで。

 

1999年から2010年までの、わたしの青春の濃い1ページ。

 

今もすきだよ。

 

1番有名なのは、、

今でも「GOING TO THE MOON」なのかな。

f:id:catoonu:20181118121305j:image

(1999年発売ですよ。ノストラダムスだし、まだ20世紀だし、やっとシングルCDの大きさがこれになった頃!)

 

ZOZOTOWNの前澤社長が月に行くとか行かないとか言ってる今。

前澤社長のバックにこの曲を流してほしいものだ。(そうか?)

 

この曲もね、リフがカッコイイのよ。

(勝手に使わせてもらってすみません)

ポカリのCMに使われてた!

 

あと、どうしても言っておきたい曲がある!

f:id:catoonu:20181118141436j:image

(2020。にせんにじゅう)

 

これを発売したのは、2002年。

 

そうです。

誰も東京オリンピックのことなんて考えてもいなかった。

 

2002年に、なぜ18年後の歌を歌ったのか。

あまり遠い未来だとイメージできなかったと和田くんのインタビューで見た。

 

しかし、それを2020にするって。

なんという強さ!

 

この先だれかが2020というタイトルの曲を出しても(もう出てるかもね)、トライセラが先に出してる事実は変わらないのだ。

 

東京オリンピックが決まってわたし、真っ先にこの曲聴いたわ。

 

ほかにもいっぱい曲があるけど、、

もう一つだけ書かせて笑

 

Sexy Zoneのアルバム「XYZ=repainting」に「名脇役」という曲があって、大サビのところ

 

きみの友だちランキングだったら

ぼくはナンバーワンをとっているんだろうか ならば

 

っていうところがあるんですけれども。

 

これでわたしが思い出すのは。

f:id:catoonu:20181118142938j:image

(衝撃!このシングル、ジャケットにタイトル書いてないじゃん笑)

「ロケットに乗って」

っていう曲です。

 

ファーストアルバムに入ってるから多分97年発売だと思う。

(このサイズのCDは後から発売された。8センチのシングルはもう手放したっぽくて見つからない。だって収納しにくいの)

 

8センチシングルって、、わかります?(まあイイか)

 

この「ロケットに乗って」の歌い出しが

 

ぼくの脳みそのランキング

その1番上から今日も

キミは まるで 動かない

ってはじまるんですよねえ。

 

ヤバイ、最高。笑

脳みそのランキング!

今噛み締め直しても、この言葉出てくるの和田くんっぽい!笑

 

ちなみに、リフも最高。

めっちゃライブで盛り上がった。

 

サビ

 

ロケットに乗って

キミと2人で  どっか行けたら

どんなことも  叶えてあげる

 

ぐるっと 夜空 飛び回るのさ

ぼくに全部まかせといて

 

和田節〜!

最強ロマンチスト和田唱

 

この若くてなんにもできなさそうなのに

全部まかせといてって言っちゃう無敵感。

 

すごいすきでした。

 

それでリフばりばりのロックで。

今でもたまに聞くしね。

 

ほかにも、いっっぱいすきなのあるよ。

ファーストアルバムもセカンドアルバムもめちゃくちゃすき。

 

アルバム、LICKS&ROCKSもめっちゃすき。

あと、スターライトスターライト。

ね、ほら、リフでサビもずっといくでしょ?

これぞ、トライセラ

 

なんだけどさ、これを聞くのはせめてイヤホンで。

またはヘッドホンで。

 

というか、スピーカーで。

もちろん、LとRでわかれてるスピーカーで。

 

じゃないと、良さはわかんないと思うのよねえ。

 

今や、音楽もスマホじゃないですか。

わたしもApple Music便利でめっちゃ使ってる。

 

スマホのスピーカーが多少よくなっても、

音がシャカシャカしてるってことにはかわりないよね。

 

あれで聞いて、イイじゃん、ってなるのは、こういう音じゃないのよね。

 

EDMが流行ったじゃないですか。

あれは、スマホで聞いてもパンチがあって、ビート聞いててけっこうよく聞こえるし。

 

ロックンロールは、低音が聞こえないとダメだから。

そうすると、この環境だとちょっと弱いかな…と。

 

きっと売れる音楽作ってる人たちはそういうのも考慮してるんじゃないかなあ。

 

で、今はBluetoothスピーカーが主流だと思うのですが。

もうちょい安価でいい音が出るのが普及したら、

もしかしたら流行る音楽の傾向も変わるかもしれないよね。

 

もっというと、スピーカーなんかなくても、頭に何か埋め込んだりして、音が聞こえるようになるかもしれない。

 

それで、アーティストが表現したい音がそのまま聞けるようになったら、それは音楽ファンの長い間の夢ではないか。

(環境によって左右される音に悩まされてきたっていう人たちはけっこういると思ってる。その違いでも楽しめる、とも言える)

 

逆に、体調によって全然違うものに聞こえちゃったりして笑

いい音で聴くために、健康を大事にする時代が来たりして笑

 

なんてことを夢みたりして笑笑(飛躍しすぎ)

 

で、スターライトスターライトは、スマホには向かないのです。(これ、あとで関係してくるのです)

 

…長くなるからこの辺でやめておこう、、

 

 

3. 和田唱のソロアルバムについて。

 

やっと。

やっっと、この話笑

 

10/24に発売された和田くんのソロアルバム

「地球 東京 僕の部屋」

(こちら特設サイト。ジャケット写真が見えない?)

 

f:id:catoonu:20181118122727j:image

f:id:catoonu:20181118122822j:image

 

発売日には、Apple Musicにはなかったと思うんだけど、なんかあったのよね。(適当ですみません)

 

ちょうど帰り道に車を運転しながら聞き出したんですが。

 

1曲めの「大きなマンション」からちょっとしんみりしてきて。

 

3曲目「矛盾」と7曲目「アクマノスミカ」で涙出たよ…

 

そのあと、運転するのに危なくて一旦音を止めたくらい。

 

特設サイトに、たくさんのミュージシャンからのコメントが載ってて、

わたしなんかのこんな感想見てるくらいなら、そちらを見たほうがよっぽどいいので、

ぜひそちらを見てほしい。

 

佐野元春さん、小田和正さん、亀田誠治さん、奥田民生さん、などなど、ステキなコメントで溢れてるから。

 

でも、わたしはわたしのために自分が感じたことをまとめておきたい。

 

 

まず音がすごくキレイ。


わたし和田くんのギターの音がこんなに好きなんだ、とすごく感じた。

 

音の数が少ないせいか、ひとつひとつの楽器、声、が、すごく粒がたって聞こえるのです。

 

お米でいうなら、炊きたてのご飯の粒がたってる!って感じ(伝わりにくいわ〜笑)

 

これが好きかどうかは人によると思うけど、はっきりくっきりした音がわりと好きなんです。

 

だから、すごくキレイに聞こえてよかった。


これは、トライセラとは違う和田くんの世界。

和田くんの音。

 

で、これは、スマホ時代にも逆に対応してるのではないかと思った。

 

スキマを埋めるような音がみっしりと入った音楽がけっこう多い気がする。

 

世界的にはちょっと音数が減ってきてるのかな?と思うけど

 

Something Just Like This(ザ チェインスモーカーズ&コールドプレイ)が流行ってるときに、なんかそんなことを思った気がする(この曲、すき)

 

でも日本は、ジャニーズとか、入れすぎ!笑ってくらい入ってる気がします笑

(個人の感想です)

 

だから、このアルバム、すごく新鮮に感じたし音のキレイさ、和田くんのギターの良さ、和田くんのボーカル、コーラスの美しさも、わかりやすい!!

 

ちなみに、バイオリンなどのストリングス以外、全部和田くんの演奏なんだって。

 

ギター以外も。全部。

これはこだわりがすごい。(もしかしてコストの問題も…ごにょごにょ)

 

このアルバム、1曲目の「大きなマンション」からもうすごくステキで、そっと家にどうぞといってくれているかのよう。


最後が「Home」で、この1曲目から11曲目までの流れがすごくすごくよくて。

 

アルバム全体で、1つの作品だとすごく感じるので、曲順含めてこれでパーフェクト。


アルバムまるごと好きってなること、最近は少なかったから、しびれたな。


Apple Musicだと簡単に聞きたい曲だけ聞けちゃうし。


ジャケット写真も全部入れて和田唱。 

 

でも、とくに、「矛盾」と「アクマノスミカ」にヤラレちゃって。


特設サイトに載ってた小田和正さんのコメントに全力でうなずいた。


「矛盾」に共感する。

しかも、これはほんと和田くんは自分をさらけ出してるんだろうなって。(アルバム全部そうだけどね)

 

年がら年中 明るくないし

あのバンドの悪口も言う

でもパブリックイメージ壊したくないし

濁す僕は

矛盾矛盾矛盾矛盾

でも、それ、和田くんのイメージそのままだよ笑

 

「アクマノスミカ」は、

アクマが優しくて。

アクマの登場がドラマチックな音の広がり。

すごくすき。

 

でもでもでもでも、っていうのがいいよ。

 

「アクマノスミカ」のはじめのほう、

キミの心の腹筋割れてるかな?


が、もういいのよ。

 

そして、終わり方!

和田くんの自分との付き合い方。

そして自分を愛すること。

そういうのが詰まってるなって思った。

 

あと!

「Moonwalk Moonwalk」の


ウォーォ


のところ、気持ち悪いけど気持ちよくてすごい気になりすぎて何回も聞いちゃう。


めっちゃ和田くんっぽい。

 

イントロとアウトロが短いのが短気な和田さんっぽいって誰かがコメントしてて。

たしかに〜笑

 

それから、とにかく愛。

キミへの愛情。

 

これはもともと、和田くんの世界がそうだけど。

 

でもすごく大人になって、私生活でもパートナーを見つけて。

本当によかったなって。心から思うから。

 

トライセラトップスは、バンドとしては幸せな道のりを歩んでるほうだとは思うんだけど、、

 

解散もしてないし、ガッツリ休止もしてないし、メンバーチェンジもない。

 

だけど、思ったように進んできたかっていったらそうでもないんだろうな、と思う。

 

時代背景もあるし。

バーっとCDが売れる時代に世の中に出てきて、

たぶんレコード会社などからのプレッシャーすごかったと思うし。

 

なんとなく、ビッグになるバンドを、どのレーベルも探していたのではないだろうか。

 

たまに、そういうレールに乗り切って、逆に逆手にとるように羽ばたいて、ドーンといっちゃうバンドもいるにはいるけど。

 

音楽が芸術であるかぎり、経済的なサイクルの中では無理が生じることもあるのかな、とわたしは感じていたときがあったので。

 

和田くんの葛藤やもどかしさや、そういうのも勝手に感じてて。

 

それが20年たって、こういうアルバムが作れる和田くんに、ほんとうにスタンディングオベーションなのです。

 

アルバムまるごと、まるっと和田唱

ほかの人にはできないし、マネもできない。

 

そんな作品を作れる和田さんはやっぱりすごいのです。

 

(ここまで書いても書いてもゴールが見えなくて、えっらい長くなってしまった…笑

 

もしここまで読んでくれた人がいたら、本当にありがとう。

 

ぜひ、和田唱さんのアルバム聴いてみてくださいね。)

ドロ刑6話、、もしかして

今週のドロ刑は、余貴美子さん演じるドロボウ鳥飼和子の切ない話で、13係としてはミキちゃん成長回でした。

 

13係の一人一人にスポット当たるのいいよね。

 

ちょこちょこ入る伏線なのかな〜?っていうシーンが気になる。

皇子山とケムさんの過去も、まだ出てこないのね〜

 

それと、最後のケムさんよね。

どういうことだってばよーー!

 

5話に続いて、6話も切ない話だったんですが。

 

今週もまだらめくんがかわいかったので載せておきましょう。(そうしましょう)

 

f:id:catoonu:20181118014552p:image

最初の、子犬まだらめ


f:id:catoonu:20181118014540p:image

どうしたの?困ってるの?って聞かれたいのね

(わたしは聞きたい)


f:id:catoonu:20181118014546p:image

チョロいまだらめくん


f:id:catoonu:20181118014557p:image

すぐ子犬

 

f:id:catoonu:20181118014533p:image
f:id:catoonu:20181118014603p:image

ここ、ハプニングそのまま使われたのね笑

まだらめくんというより、ケンティーがかわいい!

転んじゃうの!笑

でも激しく転んでて大丈夫だったのかしら。

 

f:id:catoonu:20181118014608p:image

どうして?

どうして、勝手田さんとの電話を一方的に切って

切っちゃった、の顔だと思うけど、こんなかわいいことあります?ねえ!

 

と、かわいいところはあったのですが、今回は斑目くんを演じるケンティーの表情がよかったな、と思ったのです。

 

f:id:catoonu:20181118015145p:image

この、ね。

娘さんに、苦い真実を告げなければならないときのこの表情が、すごくいいなあと思いました。

まだらめくんだったらこうだろうな、という顔。

切なさを感じつつ、真剣でもありながら、口角は上がってる。

表情で物語るものがあったと思いました。

 

f:id:catoonu:20181118015129p:image

(座高、低いと感じない構図が珍しい笑笑)

 

それと、最後の鳥飼和子と話すシーンの表情もよかったと思いました。
f:id:catoonu:20181118015140p:image

ここからの


f:id:catoonu:20181118015200p:image

切ない笑顔。

 

いいじゃーん!

ケンティー

(偉そうだな)

 

 

さて、今週もしっかりケムさんとのデートはしていました(デートに疑問の余地がない)

 

①慰めてもらう1回目

f:id:catoonu:20181118015927p:image

しょっちゅうグチってるよね笑

毎回慰めてくれるケムさん優しい


f:id:catoonu:20181118015950p:image

ケムさんの殺すぞのマネ笑笑


f:id:catoonu:20181118015955p:image 

からの!この笑顔〜


f:id:catoonu:20181118015933p:image
f:id:catoonu:20181118020003p:image
f:id:catoonu:20181118015939p:image

わかりやすくイチャイチャしています

 

 

②たまには真面目にも話すよの2回目

f:id:catoonu:20181118020317p:image

まだらめくん、酔ってないね

質問もするどかったよ

(なんで優しいの?って、今頃かよ)


f:id:catoonu:20181118020336p:image

成長したなっていうケムさん


f:id:catoonu:20181118020329p:image

頭痛いの?なんか意味ある?

考えるときのクセかな?


f:id:catoonu:20181118020324p:image

最後はお金払っといてって、甘えちゃうまだらめくん

 

 

③お別れ?の3回目

f:id:catoonu:20181118020547p:image

スマホの写真見せながらデート


f:id:catoonu:20181118020542p:image

こんな顔で寝てる人どこのバーにいったらいるのだろうか。これを…


f:id:catoonu:20181118020554p:image

まあ、見ながら飲みたいケムさんの気持ちわかる(は?)


f:id:catoonu:20181118020523p:image

起きたまだらめくん(体勢がつらそう)


f:id:catoonu:20181118020537p:image

コースターによるお手紙交換完成

いや!ケムさん!なによ!


f:id:catoonu:20181118020528p:image
f:id:catoonu:20181118020559p:image

この顔…

 

まだらめくん、、得体の知れない感をちょっとずつ出すよね。

 

これは伏線なのかな。

 

6話で折り返したけど、意外と謎は謎のまま。

 

なぜケムさんは優しいの?

13係みんなを見守ってるの?

 

この先に皇子山とケムさんの過去のこともやらないとでしょ?

 

どーなるのかな〜

 

あ!!

わかった!!

 

謎を解くとしたら、、もしかして、、、

 

ドロ刑 The Movie〜まだらめの紐〜

 

を公開予定なんじゃないの?!(そうだったのか!!違)

 

映画化は知らないけど

 

シリーズ化はしやすくない?このドラマ。

 

もしかして、狙ってるのかな?

 

毎回ゲストがメインの話で、その裏で13係がチームになっていく話、さらにその後ろにケムさんと斑目くんと皇子山の3角関係(といってしまう笑)があって、三段階の構えじゃないですか。

 

うまいなあと思います。

 

3角関係がすっきりしないままにしておけば、いくらでも続けられそうな設定。

 

どうなんでしょうね〜 

 

今週は

#ドロ刑みてる

トレンド8位までいきました。

今後のハッシュタグの行方も気になります…

 

来週は、看護師コスプレが見れるし

f:id:catoonu:20181118091536p:image

 

ますます楽しみ!

 

 

 

担当制度

担降りっていう言葉があるではないですか。

 

あれは、わたしには不思議な言葉でした。

 

そもそも、担当制度がおもしろいんだけど。

 

わたしはケンティーのファンなわけだから、中島健人担当、中島担、健人担、なのでしょう。

 

わたしは一体、なにを担当しているのか。

 

わたしは中島さんの行動発言仕事ぶりを知りたくて情報を集めているわけではないですか(元も子もない言い方!笑)

 

全然Sexy Zoneを知らない人が、たとえば中島さんのことでこういうことが知りたいんですよね〜って近所の窓口に来た場合(近所の窓口ってなんでしょうね)、あ、その担当はあの人なんで今お呼びしますね。

 

的な担当なのか。(どういうことだ)

 

ただ、全国にだいぶたくさんの担当者がいるので、やはり近くの担当者に問い合わせることになるのだろうか。

 

担当、という言葉には責任がくっついているような気もする。

 

中島健人担当、であるならば、なにを聞かれても胸を張って、

 

中島のこちらの件ですね。

なるほど、それが気になるとはお目が高い。

その件につきましては、こちらのMyojo、2014年3月号に記載がありまして…

 

などと説明できないといけないような気がするではないか。

 

そうなると、わたしは担当者ではあるものの、まだまだ未熟なので、いちいち先輩に聞かないとわからない新人のようなものだろうな。

 

いつか、一人で業務がこなせる立派な担当になりたいです。(たぶんそういうことじゃない)

 

 

 

さらに、担降りってなると難しい。

 

担当を降りる

 

ってことなら、業務が変わるってことだから、

担当するものが変わるってことになると思うけど

 

もしかしてその会社を辞めちゃうってことだと、

 

誰のファンでもなくなる

 

ということでしょうし。

 

しかも、これはジャニーズファンの間の用語だと思うから

ジャニーズ以外のファンになったときは担降りとは言わないんでしょうね。

 

それと、ジャニーズ以外の誰かのファンで、そこからジャニーズの誰かのファンになったら、それは担降りになるのだろうか。。

 

難しい。

 

でも、言葉があるというのは、文化があるということだ。

 

ある一定の人数の中で浸透している、このような用語がある、というのがわたしにはとても新鮮だった。

 

ジャニーズという事務所は、アイドルのタレントの事務所だけど、特殊なんだろうね。

 

50年以上の歴史を持ち、事務所としても発展してきたけど、それとともにファンの文化も発展してきたんだね。

 

ファンの文化もおもしろいけど、先輩、後輩の関係性も独特。

 

優れた才能を持つ若者たちがさらに切磋琢磨することで鍛えられていく場所。

 

助け合うこともあるし、協力し合うこともあるけど、お互いがライバルでもあるエリート集団。

 

そういうのって、ドラマチックだし…みんなすきな要素だなあ。

 

映画「トップガン」に出てくるパイロットの世界とかみたいな。

(トップガントムクルーズってめっちゃかっこいいよね)

 

f:id:catoonu:20181117185216j:image

f:id:catoonu:20181117185220j:image

(ちょっと!画像ほしくて検索したら、トップガン2が30年ぶりに制作されるとかいうのを見たぞ。

マジ?それは本当だったら気になるわ〜)

 

 

軍関係でいったら、特殊部隊もそういう感じ。

エリートじゃないとね。

お互いの信頼関係みたいのもいいよね。

(映画でしか知りません)

 

日本の軍隊でいったら海軍のイメージ。

圧倒的に陸軍よりカッコイイイメージでしょう。(だいたい映画とかのイメージでしかないですけどね)

 

ジャニーズっておもしろいよな〜

 

というようなことを、学校のバザーのフランクフルトとホットドッグのコーナーを担当しながら考えていた今日の昼間でした。笑

 

今夜は「ドロ刑」第6話!

 

斑目くんが待っている!!

デビュー日に

Sexy Zone デビュー7周年おめでとうございます。

 

ツイッターなんか見てると、画像加工したり、動画作ったり、たくさんの人がお祝いしてますね。

 

去年くらいからファンになったわたしからすると、ずっと応援し続けた人はとてもとても感慨深いものがあるだろうなと思うのです。

 

いろんなことがあったでしょう。

 

ジャニーズで、平均年齢が最年少でのデビューだし、もともとあったユニットでもないし、ちびーずは経験も浅くて、小さくて。

 

そのスタートとなる2011年11月16日から、これまでずっと応援していた人はいろんなことをリアルタイムで見て聞いて感じながら、その時々に、喜びや悲しみや驚きや苦々しさやいろんな感情を持って、彼らの成長を見守っていたんだね。

 

 

 

昨日、「自己肯定感」についてのある記事を読みました。

 

自己肯定感とは、自分のことを好きか嫌いかということではなく、「自分を愛している」かどうかのお話なんだって。

 

愛している、というのは、ありのままの自分を受け入れ、許している、ということでもある。

 

なるほど。

 

でね。

 

人はどんなものを愛するのか。

それは、自分の手をかけたもの。

育てたもの。

 

自分で描いた絵。

タネから育てた植物。

生まれたときから育てたこども。

いろんなことを一緒に乗り越えた家族。

 

そういうものを、人は愛するんだって。

 

欠点があっても、受け入れて愛せる。

 

だからね、自己肯定感の高い人は自分で自分を育ててきた人なんだって。

 

自分を愛するには、自分で自分を育てること。

 

なるほど〜ってしびれました。

 

 

 

それで、2つ思ったの。

 

Sexy Zone(とくにケンティーとマリちゃんかな?)は、自分を愛することが大事ってよく言うじゃないですか。

 

彼らは自分で自分を育て続けてきたんだなって。

いろんなことをしなくちゃいけなくて、いろんなことが起きて、その都度考えて、できることをして、なにかを学んで。

よりよい自分やグループや状況を目指して。

 

素晴らしいことだな、と思いました。

 

きっと、風磨くんも勝利くんも聡ちゃんも、そうやってやってきたでしょう。

 

そんな彼らがファンや世の中に与える影響は、きっとポジティブで明るいね。

ほんと!素晴らしい!

 

 

それと、もう一つ。

 

ここまで応援してきたファンも、Sexy Zoneを育ててきたと思う。

 

だから、愛情深くて当たり前だね。

 

それと、SNSなんかで、Sexy Zoneのおかげで頑張れました、とか、落ち込んでたけど立ち直れた、とか、そういうのも見ることが多いなと思う。

 

きっかけがなんであれ、頑張れたり立ち直ってもう一回やろうと思えたり、なんかそういうことができるのは素晴らしいなって。

 

そして、それはきっとその人を育てるから。

 

自分のことを愛する、大事にすることは、相手のことも愛して大事にできることでもあるから。

 

そうじゃない場合もあるとは思うし、キレイゴトみたいだけど。

 

せっかく自分が好きになったものだから、ポジティブな面に光を当てて、よい影響を受け取って、明るいイメージを持ち続けたいなって思ってる。

 

 

ここまでSexy Zoneを育ててきた、本人たちとファンの皆様、それからきっと愛情半端ないスタッフの皆様には、惜しみない敬意と感謝を。

 

そして、Sexy Zoneを応援するようになったわたしが、ほんのちょっとだけでも、砂つぶのようなものでも、なにかプラスのエネルギーになれますように。

 

デビュー日に、そんなことを思ったのでした。

 

なにはともあれ。

 

8年目のキミたちの活躍を心から期待しています!

f:id:catoonu:20181116151921j:image

すっぴんKISS、MVの破壊力

なんてこった…!!!

 

エムオン!で公開されたショートバージョンの

すっぴんKISSを見たんですけども。。

 

破壊力が。

破壊力がすごい。っていうか、エグい。

 

めちゃくちゃすごい!いい!!!

 

f:id:catoonu:20181115121412p:image

(わたし的にこれよりもすごいのがベルトコンベアで回転寿司のように運ばれてきて、もう食べれない!息もできない!!)

 

アイドル。

Sexy Zoneって、アイドルだね…

アイドルすぎて、眩しくて1回しか見れなかった。(そうなんだ)

 

わたし、あれをフルで見たら眩しさのあまり目がくらんで、

ラピュタムスカばりに、

 

目が、、目がー!!!

 

って言うんじゃないですか?(知らないよ)

 

そしたら、自ら

 

バルス

 

って滅びの呪文使ってしまいそうです。

 

(そのくらい錯乱しています。)

 

落ち着いて、わたし。

 

だって、ここは公共の場なのに!!(そうなんだ)

 

こんないい大人が、あのMVを思い出しただけで

胸を押さえながらゆっくりと倒れていったら

 

それは事件!!(倒れない)

 

そのくらいの衝撃のあるMVでした(それが言いたかっただけ)

 

かわいい、けど、

 

かわいい(きゃ♡)

 

とかじゃなくて

 

かわいい(灰)

 

って感じでした。

 

Sexy Zone、、すごい。

 

発売が楽しみで仕方がない。

 

(それだけです、すみません!笑)

 

紅白やらなんやら

Sexy Zoneの6回目の紅白出場が決まりました!

 

おめでとう!!!

 

日本の大みそかのひとつの定番になっている歴史ある番組でまたSexy Zoneを見られて嬉しいです。

 

個人的には、ヤバイTシャツ屋さんが出ないのがちょっと残念。

 

ジャニーズ枠、とか言われているけれども、わたしはSexy Zoneのファンになるまでジャニーズ枠ってものを意識したことがなかったなあと思う。

 

ジャニーズのみなさんって普通にオリコン1位とか取るから、そりゃ人気もあって売れているなら紅白にも出るよね。

 

と普通に思っていたので。

 

逆に、アイドルとか演歌歌手とか、毎回出場される歌手のみなさまの中に、邦楽のバンドなどがどこまで食い込んでいけるのか。

 

のほうに注目してたんですけどね、前は。

 

今回でいえば、Suchmosはいったなー!みたいな。笑

 

ヤバTさんの来年の出場にも期待しています。

肩 have a good day、とか

ハッピーウェディング前ソング、とか

鬼POP激キャッチーハイパーウルトラミュージック、とか

わたしのプレイリストに入ってます。すき。

 

ニセコイの主題歌「かわE」も早く聴きたいなー。

ヤバTさんのコメンタリー付きの予告おもしろくてすき。

ケンティーとヤバTの「ティー」つながりで

って言ってたし笑

 

ハッ!

 

このままいくとヤバTの記事になってしまうので、ここでSexy Zoneの過去の紅白を振り返ってみるの巻。(一昨年からしかリアルタイムで見てないしな)

 

2013年 第64回/Sexy平和Zone組曲
2014年 第65回/紅白にHITOMEBORE
2015年 第66回/ニッポン Cha-Cha-Cha チャンピオン
2016年 第67回/よびすて紅白'16

 

えっと、毎回このようなタイトルがついてることを気がついてませんでした。

 

2017年って、、「ぎゅっと」だよね?

なんか前後についてるんでしょうか?

(ついてないよね?)

 

2016年は見てたけど、全然ファンじゃなかったからほとんど覚えてない笑

 

去年はすごい騒ぎながら見てた。

 

ケンティー

 

Sexy紅白

 

という発言に震えた。笑

 

今年は何を歌うのかしら。

ラクリだらけのテンダネス

かな?

 

ケンティーのSexy名言にも、当然期待しています。

去年よりも世の中に浸透している気がするし。

 

楽しみー!

 

他にも、年末はたくさん歌番組があって楽しいけど、

今年も決定したらしい小田さんの「クリスマスの約束」も楽しみなの。

 

クリスマス前後に小田和正さんが、ゲストのアーティストと作る歌番組。

 

小田和正とは、「オフコース」で、「ラブ・ストーリーは突然に」で、「言葉にできない」の、日本の音楽界を走り続けて今も第一線で活動されてて、なんと70歳を超えてらっしゃるという、あの小田和正氏ですよ!

(説明が適切かどうか自信がありません。笑)

 

昨日のQrzoneでケンティー

 

ずっちーなー

 

と言っていたのは

 

ラブ・ストーリーは突然に」が主題歌だったドラマ「東京ラブストーリー」での織田裕二のセリフなのですよ。(無理やりつなげた)

 

ちなみに、わたしは東京ラブストーリー

 

見てませんでした!!!

 

あの、大ヒットドラマ。

体感でクラスの子の7〜8割は見ていたと思われるドラマを見ていませんでした。

(昔からドラマ苦手だし、みんなが見てると嫌になっちゃうのよ、なぜか。ひねくれてるー!笑)

 

だから、昨日ケンティーになぜか説教されてたマリちゃんと一緒にわたしもシュンとしてました。

 

勉強不足でごめんよ、ケンティー

(いや、わたしドラマ出ないけど)

でも、ずっちーなー、は、モノマネのほうで知ってたから許してほしい!(ん?)

 

あと、下品なこという女の子とも友だち止まり、恋人にはできない、とのケンティー発言。

 

わたし!

 

友だちでいいから!!!

(無理。知ってる。)

 

ちょっと話がそれたけど。(だいぶね)

 

クリスマスの約束の話をさせてくれ。(自由)

 

去年のクリスマスの約束で最後にゲストのアーティストと小田さんとみんなで

Danny Boy

をアカペラで歌ってたのよ。

 

 

これが、、、、

ほんっっっっっとうに

すっっっっばらしくて!

 

美しいハーモニーと、この曲の歌詞の意味と

この曲を選んだ小田さんの意図するところと。

 

本当に涙が出ました。

 

録画してなくてね〜

ほんとに録画しとけばよかったのに。

もう一度聴きたくてもYouTubeにもないし。

(中華系のサイトまで探しに行ったのはヒミツ)

 

でもね。

あの美しいハーモニーの裏にはものすごい猛特訓があるらしい。

 

小田さん、めちゃくちゃ練習するんだって。

ものすごく練習するんだって!

 

キャリアがすごい、70超えてる人が練習めちゃくちゃしてるんだから、ゲストのアーティストのみなさんは身の引き締まる思いでしょうね。。(プレッシャー凄そう)

 

プロフェッショナルでストイックな姿勢にどうしても惹かれちゃうんだなあ。

(ケンティーもそういうところがいいのです。小田さんはファンといえるまでにはなってないけどね)

 

あと、小田さんの声はすごいよね。

年齢を感じさせなくない?

すごい。

 

今年はぜひ全編録画したい。

(容量もあるし笑)

 

ハッ!

今度は小田和正氏の記事になりそう。笑

 

とりあえずここでやめときます。笑

 

今日もQrzone楽しみー!

健マリの夜ドラマ。

続きが気になる!笑

やってほしかった3日間

結論から言うと、スーツの菊池風磨中島健人が助け合うのが見たかったっていう話です。(簡潔)

 

今年の4月11日から全3回に渡って

Sexy Zoneのたった3日間で人生は変わるのか?!」

というSexy Zoneの地上波初冠番組が放送されました。

 

あれはほんと、念願の、念願の、念願の!!!

冠番組だったから、ほんとうに嬉しかった!!

 

風磨くんが、Sexy Zoneが、何年も目標としてあげていた冠番組

 

ついに!

と、目頭が熱くなったものです。

 

第一弾が放送されて、とにかく反響がすごくて(セクラバさんってステキ)

第ニ弾、第三弾と放送されたじゃないですか。

 

いろいろこの番組では書き残しておきたいことがあるのは確かである。

 

・ケンティーのバク転チャレンジ

・そのあとのふまけんハグ

・バレエダンサー宮尾俊太郎さんに心を撃ち抜かれたケンティー

などなど、

ケンティーだけでも何ヶ月語っても語り足りないほどの内容だったのだ。(そんなに?)

 

でも。

 

今日ここに書き記したいのは、わたしが見たいと思って日テレにリクエストまで出した(出したんだ?出したね。ええ、出したとも)

 

夢の企画についてである。

 

もし名前をつけるなら(つけるのね?)

 

ふまけん、新製品プレゼンに挑戦

 

である。

(たいした名前じゃないが、今、この企画を考え直しても、この胸の高まりは止めることができないのだ。なんだろう、なんかしらのわたしのフェチシズムを直撃してるんでしょうか。たしかに…そうかも…しれないが…!いや、話進めてもらっていい?(声:菊池))

 

(ちなみに、文字を大きくする方法を知ったのできっと多用する気がする。笑)

 

内容はこう。

(めっちゃ長い妄想だよ、気をつけて)

 

ある日の控え室にて。

スマホをいじる菊池。

なにかの台本を読み込むケンティー

(イメージ映像は、聡ちゃんがドレッドヘアで楽屋に入ったとき、または、セクチャンを参照)

 

スタッフ突入。

驚く二人。

(視聴者であるわたしたちは2人っきりの控え室になぜか騒つく。笑)

 

特番です!と伝えるスタッフ。

今回はお2人にこちらに挑戦してもらいます。

と、出てきたのは、グレーのしゃもじ

 

ハ?

という顔をするケンティー

ウケる菊池。

 

じつは!

このしゃもじは静岡のとある会社が社運をかけて作った新製品なのである。

 

しゃもじなのに、チタン製。

ごはんもよそえるが、なんと、栓抜きにもなるし、缶切りにもなるし、果物だって剥けるのだ!(そんな製品があるかどうかは知りません、というか、ないだろこんなの笑)

 

この静岡の会社。

この製品を天下の100円ショップ、ダ○ソーに売り込みたい。(チタン製なのに100円で売る気か笑)

 

しかし、開発に時間がかかり社長は体調を崩し、小さい会社のため人手が足りないのだ。

 

そのため、ぜひSexy Zoneにこのダ○ソーさんへのプレゼンを頼みたい、という依頼に応えるというもの。

 

説明を聞き、

なぜオレたちが?

という疑問を隠せない2人。

 

そこでスタッフから言われるのである。

 

その社長さんの一人娘さんが、

Sexy Zoneの大ファンなのです!!

 

オレたちのファン…

だからってなぜ?

とは思うものの、ファンが困ってるとあればなんとかしたいと思うもの(主にケンティーが)

 

うん、やろう、といいかけるケンティー

 

でも責任が重すぎない?

 

と菊池。

 

なぜかウケるケンティー(なぜかはわからない、それがふまけんだから)

 

その後スタッフの説得により引き受ける2人(説得タイムは番組的にはカットで。)

 

さて!

ここからだよ!!(なにが)

 

とにかくプレゼンは3日目の午後で、プレゼン資料を作らなければならないのだ!

 

資料はそうね、パワーポイントでいいんじゃない?

 

言うても、2人とも大学出てるし

使い方くらい余裕っしょ(知らんけど)

 

開発資料をひっくり返し、どこがこの製品の優れた点なのか、確認する2人。

 

いや、ラチがあかないので、この会社に聞きに行こうということになる。

 

ということで、失礼のないようにスーツに着替える。

(注:スーツ着て欲しさの訪問です)

 

まずは、身体を壊して弱った社長の病院(社長入院してたのか)へお見舞いに行き、ファンである娘さん(高校1年生、吹奏楽部)にお願いします、と言われる2人。

 

これは菊池くんの男気スイッチを押した!!

(ケンティーの王子スイッチも押した)

 

絶対成功させるから、と約束する2人。(スーツ)

 

(ちなみにスーツはAOKIさんです。ちょうどアレです。今回のAOKIさんの超耐久スーツのやつだと全わたしがひれ伏す勢いで喜びの舞を踊ります。

f:id:catoonu:20181113161739j:image

参考画像:AOKIのお店より。店員さん、優しかったありがとう!

 

…ひれ伏しながら踊るってすごい器用だよね。)

 

会社を訪問し、社員(社長の息子、家族経営なのね、それで社長が倒れたら大変だね、いや、勝手にそうしたのはわたしだが)から説明を受ける。

その間にも息子さんには様々な電話がかかってくる。

これは本当に手が足りないんだと感じる。(テレビの企画に乗ってる場合じゃないよね笑)

 

さて、日テレに戻ってきた2人。

 

静岡訪問で1日が終わろうとしている。

期限はあと2日(1日半ともいう)。

しかも明日は中島は朝から仕事。菊池は午後から仕事…

 

焦る2人。

 

当然!!

当然だが!!

 

この特番の決まりとして、チャレンジ中は寝食を共にするのだから、、

 

一緒に寝ます!

ふまけんは一緒に寝るのです!

(大事なことは2回いうって教わりました)

 

ワンルームの部屋に押し込められる2人。

 

無言でしょうね。

ええ、そうでしょう。

 

どっちからシャワーする?

 

先にどうぞ、という菊池くん。

いや、オマエこそ先にいいよ、というケンティー

 

しばし無言。(恥ずかしいよね、そうだよね!うん、全然いいよ、わたしは)

 

なんとなく支度をしてシャワーに向かうケンティー

 

そしてお風呂場から、シャワーがお湯にならない!!というケンティーの叫びが聞こえるのだった…

 

(大丈夫ですか?まだ1日目終わったところですけど、ツライ人は読むのやめてもらって大丈夫ですよ。まだまだこの地獄の妄想は続きますし、わたしは非常に楽しいです!)

 

次の日、仕事に行く中島。

資料作りに取り掛かる菊池。

 

ワンルームの机にパソコン、もらってきた資料を広げる。

 

悩む菊池。

実は、昨日寝る前に中島と相談していた。(そうだったのか)

菊池が仕事に行くまでの時間に基本的な流れを作成し、メモを残して中島に引き継ぐと決めていた。

 

焦る菊池。

大まかな情報を整理してまずノートに書き出す。

真剣に向き合う。(ここ、スウェットでメガネでお願いします。できたら寝グセは直さないままで)

 

なんとか流れを作り、パソコンに向き合う。

 

途中だけど、もう仕事の時間が近づいている。

支度をする菊池。

 

と、そこに中島が帰ってくる。

菊池、服を着替えながら中島に説明。

 

でも結局モゴモゴしててわからないまま行ってしまった。

困るケンティー(ちょっと困ってるところが見たいんでしょうね)

 

スウェット(グレーがいいなあ。実際の特番ではメンバーカラーの青のジャージだったけどさ)に着替えてメガネを装着。(メガネが好きなんですね、わたし。ええ、好きです。メガネ萌え!!!)

 

なんとか菊池のノートを解読して進めるケンティー

(交換ノートの完成です)

 

夜遅くに菊池帰宅。

 

一旦ごはんを食べることにした2人。

サシでごはん食べることも普段ないよね、という話をしながら

菊池くんが簡単なごはんを作る!(チャーハンでいいです、チャーハンで!もう全然!フライパンをあおるところが見たいだけです)

 

一緒にいただきます。

なんとなくリラックスした空気。

 

お腹いっぱいになったら眠くなる2人。

 

しかし、資料はまだ出来ていない。

分担してお互いパソコン作業をする。

 

ときどき、

ここどうしたらいい?とか、

これ、これでいいよね?とか

確認取りながらお願いします。

 

これはこうじゃないの?

いや、これはこうだから、こうで。

 

でもここはこうだから…(菊池)

あー。それもありだね(中島)

 

みたいなシーンは必須。

 

ときどき菊池さんが中島さんのパソコンを後ろから覗き込みながら説明してくれると助かります。(何が助かるのか)

 

深夜まで作業する2人…

 

(ちょっと。ここまできて、わたしこわくなってきたんですけど(今更)。なんですか、この企画に対するわたしの情熱は。こわい。自分で自分がこわいわ。。でもめっちゃ楽しいから続けちゃう!笑)

 

3日目の朝。

床に雑魚寝をしている状態で目がさめるケンティー

菊池を起こすが、寝起きが悪くて起きない。

ゆり起こす。

 

きくち!きくち!朝だって!

 

って言ってください(演出しだしてる)。

 

さて、今日の午後にはプレゼンをしなければならないが、、

パワポの資料はできたのだろうか、、

 

じつは出来ていた!

出来てからおちるように寝ていた2人。

 

完成を確認した瞬間、2人は自然と堅い握手をしたとか…(たとえ映像に残ってなくてもスタッフの逸話として語り継がれればそれで満足です)

 

起きて支度をし、今度はプレゼンの練習をしなければならない。

 

持ち時間は10分。

この10分に全てをかける!

 

さっそくリハーサルのためスーツに着替える(スーツ着て欲しいだけ)

 

中島がスピーチをし、菊池がパソコンを操作することに。

 

やってみると時間が足りない。

 

資料を直す菊池。

プレゼンの原稿を見直すケンティー

(スーツでパソコンに向かいます。むしろそのための修正です。笑)

 

時間ギリギリの調整が続く…

 

と、ついにタイムアップ。

某ダ○ソーさんへのプレゼン会場へ向かいます。

タクシーの中並んで座るふまけん。(スーツ)

 

大丈夫だ。オレたちはできることはやった。

社長とファンのあの子のためにベストを尽くしてプレゼンしようぜ!

 

と熱いケンティーの言葉。

 

それに対してちょっと半笑いながら聞いていた菊池くんだったが、表情を引き締めて

 

そうですよね。やれることはやりましたからね。

行きましょう!

 

と返す

(ここの菊池さんはきっと敬語だと思います。ええ。全わたしがそう言ってます。照れ臭いんでしょ、そうでしょ。よき。)

 

さて、プレゼン会場に到着。

セッティングも自分たちでやります。

緊張を隠せない中島。

そんな中島の背中をポンと叩く菊池。

 

ダ○ソーの担当者の方に挨拶をして、

いざ、プレゼンスタート。

 

だが!

プロジェクターに画像が出ない。

目線で合図するふまけん。焦る菊池だが、

 

チタン製しゃもじを手に、社長の熱い想いを(適当に)語り、場をつなぐ中島。

 

やっと画像が出た。

リハーサル通り進める。

 

ケンティーのプレゼンは真面目。

真剣に熱く話を進めます。

 

しかし、最初の画像が出なかった分時間が押していて、このままでは時間が足りない!

 

じつはほかの会社からもたくさん製品をプレゼンしに来てる人たちがいて、持ち時間は増やせないのだ。(こんな仕組みなのかどうかは知りません。全く知りませんわたし。)

 

時間が足りないことを考えて、パソコンを操作する菊池から

 

最後にこちらをご覧ください

 

といきなりコメントが入る。

 

えっ?という顔をするケンティー

だが、すぐに気がついてまとめに入る。

 

そして、2人のプレゼンは終わったのであった。

 

結果は後日連絡されるとのこと。

片付けて会場を後にする。

 

会場を出た直後!

 

ノールックハイタッチを決めるふまけん!!

(これのためにここまで想像力の翼を羽ばたかせてきたと言っても過言ではありません!わたしが見たいだけ!!!)

 

終わってからコメントをする2人。

気がつけば汗だくのケンティー

 

そして、この結果はスタジオで!!!

(正直、この結果はどっちでも笑)

 

 

っていう企画考えたんですけど!

(もはや企画の域を超えてる件)

 

おかしいな。

日テレに送ったのはこんなに長くなかったし、こんなに細かくなかったんだけどな〜(こわいもんね)

 

書いてるうちにこんなことになってしまったけど、悔いはないです(そうなの?)

 

というか、、、

こんなものを世界の片隅とはいえ世の中に晒して大丈夫なんでしょうか??

(主にわたしの頭の中が、という意味で)

 

…2次創作の小説でも書いたほうがいいですかね…

(2次創作がどんなものだか、イマイチわかってなくて申し訳ない…)

 

でも、こんなわたしの妄想なんて、

f:id:catoonu:20181113191752j:image

本人から提供されるこんな小説

に比べたら、風で吹き飛ばされちゃうくらい、どうでもいいことだよなって思うんだよね〜

(これ、衝撃すぎない?

ケンティーすごすぎない?

連載とあるけれど、続きが発表されなかったことをわたしは残念に思うけど、ケンティーのためには第2回はなくてよかったと思います。笑)

 

今後、この企画をどこかの番組が叶えてくれるのを楽しみに…

 

と思ったけど、ここまで考え抜いたら、

 

わたしの脳内では、

もう現実に起こったも同然!

(※危険な思考です、マネしないように)

 

なので、わたしは満足しました!(そりゃよかった?)

 

結論。

f:id:catoonu:20181113221740j:image

 

(ここまで読んでくれた人、いるんでしょうか?

もし、読んでくれたあなたがいるとしたら、それはわたしと一緒で重症ですよ、気をつけて。でもほんとに

ありがとね涙

心からお礼を申し上げます)

 

すっぴんKISSのMV公開

はぁーーー!

 

かわいくて朝から石になるかと思いました。(いやもうなってたかもしれない)

 

めざましテレビ、独占でSexy Zoneの12/5発売すっぴんKISSのMV公開!

 

撮影が9月中旬ということで、暑い中の撮影。

24時間テレビのあと、なんもねえ!(ロスがひどくてね)といってたときに撮影してたんだね!


f:id:catoonu:20181113085205p:image

中島健人といえば汗。

汗っかきの最高峰がケンティー

今日も汗かいてると思うと微笑ましいです。 

(マリちゃんの心配そうな顔が…笑)

 

コンサートでケンティースプリンクラーのごとく華麗にターンをして汗を撒き散らし、それを浴びたファンがキャー♡っていう光景はわたしには衝撃でした。笑

(2017年Stageでは松島くんも浴びてました)

 

汗、、浴びたいのか、、

 

自分に置き換えてみる。

 

…ううぅ、、微妙。

 

こんなに日々ケンティーを崇め奉って生きているのに!!

汗は!!

ちょっと大丈夫です!!!

(でも本当にそんなことになったらケンティー関連ではミラクルしか起きないので

 

ケンティー汁!最高ーーー!!!

 

とか言ってる可能性もゼロではない。こわい。)

 



f:id:catoonu:20181113085337p:image

水に濡れてぶるぶるぶるっと水を飛ばしたあとの犬感

(撮影が菊池くんだってことがポイントである)


f:id:catoonu:20181113085300p:image

松島くんに食べさせてる!

風磨くんと聡ちゃんの関係は、兄弟。

風磨くんはいじわるでもほんとは優しいお兄ちゃんなのである。(たまに甘い)

これは優しいお兄ちゃんバージョンか、どんどん食べさせていじわるバージョンなのか、この短い時間でわたしには判断できない。

本編MVでも判断できないだろう。

メイキングに期待!

 


f:id:catoonu:20181113085402p:image
f:id:catoonu:20181113085254p:image
f:id:catoonu:20181113085232p:image

風磨くんは助手席に乗ってる設定なのか…

いや、これ外車だからわたしが(わたしが?)助手席だね!

 

ケンティーは胸キュン映画をいくつかやってるけどさ、

ほんとの胸キュン要因は菊池風磨さんだと思う…

 

だから、風磨くんが大人になりきってしまう前に

男子高校生役で少女漫画の王道のような役をやってほしいものだ。

 

仕草とか、雰囲気とか、背中とかでモテる感を出せる、それが菊池さんなのだ。

 

リアルだろうが!!(全然リアルじゃない)

男子高校生のリアルにモテるやつなんて、顔がいいとかじゃなくて、雰囲気じゃない??

(ほんとに顔がよくても、雰囲気がそこまでじゃないと残念なイケメンとして認識されない?そんなことない?)

 

まあなー。

でももう23歳だから。

新入社員で年上の女性社員を翻弄する役でもよいです。

 


f:id:catoonu:20181113085306p:image

聡ちゃんのシャカリキ感が聡ちゃんらしい。

(ふまけんはあんまり洗車に真剣じゃなくないですか?)


f:id:catoonu:20181113085216p:image
f:id:catoonu:20181113085211p:image

ハァーー

キレイよ。

ケンティー、キレイ。

 


f:id:catoonu:20181113085332p:image f:id:catoonu:20181113085322p:image

ちょーかわいいな!!!

聡マリーーー!(窓の外に叫ぶ)

 


f:id:catoonu:20181113085244p:image

今回1番目が覚めた瞬間です。

 

なんですか?

あ、国宝ですか。

 

(勝利様は、顔面人間国宝というお名前もお持ちです)

 

すごい。ほんとにすごい。

透明感と儚さと美しさ。

勝利様はいつだって、そう、お顔のアップが素晴らしいクオリティなのです。

 


f:id:catoonu:20181113085238p:image

そのあとに、無邪気に笑ってる!

楽しそう。

お菓子食べる?

 


f:id:catoonu:20181113085249p:image

ふまけん


f:id:catoonu:20181113085222p:image

ふまけんは

大人カワイイを手に入れたのだ!

 

 

はやく全編みたい。

 

ラクリだらけのテンダネス / すっぴんKISS

の両A面シングルは12/5発売ですよ!

 

3形態まとめて予約すると60Pものスペシャポートレートブックがついてくるんですよ。

毎回お得なSexy Zoneのシングル。

実質0円ですね(これ言ってみたかった)

 

 

クレイジーカット

日曜夜のお楽しみといえば、初耳学ですよね。(断言)

 

初耳学は、けっこう面白いのですきです。

わたしの話す豆知識の20%は初耳学で仕入れたものです。笑

 

それもこれも、我らが中島健人くんが出ているおかげです!(わたしには)

 

昨日の初耳学より

f:id:catoonu:20181112154754p:image

エスコートといえば!ですね!!


f:id:catoonu:20181112154748p:image

エスコートの仕方、クセが強いんじゃ。


f:id:catoonu:20181112154743p:image

なかなかやっぱり、、とは?

(でも、青のキラキラ文字でバラまでありがとうございます!)

 

 

ケンティーが出ているから見ていると言っても過言ではない初耳学。

でも見だしたら意外と面白い初耳学。

 

スキャンダル日本史、すきです。

初耳ピーポーがこんな長く続くとは。

また、こんなに銀シャリに親しみを覚えるようになろうとは。

そして、アンミカさんのパリコレモデルへの道が毎回こわい。

あと、林先生のドヤ顔は見ているうちに清々しい気持ちになってきました。

 

たぶん1年以上は見ているでしょう。

1度も欠かさず。

 

ケンティーがスタジオに行けないツアー中も、VTR出演させてくれたりするので初耳学さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

 

1年以上前から毎週録画してるのですが。

 

ジャニーズのファンは、レコーダーのHDD残量との闘いなんですね。(知りませんでした)

 

とにかく、ケンティーを美しい映像で残したい、という強い気持ちでいっぱいなので、録画モードはDRになるじゃないですか。

 

うちの古いDVDレコーダーは、40時間ほどの録画しか出来ず、常に残量を気にしなければなりませんでした。

 

当然CMはカット、できることならDVDにダビングして容量をあけなければなりません。

 

DVDにダビングするのはほんとは嫌でした。

画質が下がるものー!

 

でも、仕方ないのです。

容量がね…

 

初耳学は、わたしがファンになったときのケンティー単独の唯一のレギュラー番組だったから、なんとか残したかった。

 

けど、初耳学…

全部残して見直すか?

っていう問題なんですよ。 

 

わたしが見たいのはケンティー

容量もないし。。

 

と、いうことで、ケンティーが画面に映ってるところのみを残すという技を開発しました。(そんなたいそうな話じゃねえわ)

 

もうね、秒単位で残すわけよ。

ケンティーだけを。

(ワイプは残さない、よっぽどでなければ)

 

再生、巻き戻しを繰り返しながらの作業。

地味に時間がかかる…

 

初耳学をご覧になった方はわかるかと思いますが、ちょこちょこ細かくリアクションを映してくれるのです。

 

で、だいたい1回分が2〜3分になる。 

 

再生するとすごい。

 

へぇーって顔のケンティー

なるほどって顔のケンティー

ウケてるケンティー

手を叩くケンティー

たまにはもぐもぐケンティー

 

などのいろんなケンティーが繋がった映像が完成。

 

何に対してリアクションしてるのか。

 

そんなこたぁ〜どーでもええんじゃ!

こちとら、ケンティーさえ拝めればええんじゃー!

 

という究極のわがまま理論で残された映像たち。

それを1枚のディスクにダビングする。

 

60分続くわけよ。

いろんな顔のケンティーが!

 

…楽しいよ。わたしは楽しい。

見ててとても楽しい。

 

しかし、その編集方法を、我が家ではクレイジーカットと呼ぶ…

 

いや、なんの問題もないよね?

ないでしょ?

好きにします!(は?)

 

 

 

そんな中決まった24時間テレビ

どうしても足りないHDD残量。

 

そうだ!

外付けHDDだ!!

と、ほろ酔いでご機嫌の夫に外付けHDDの素晴らしさをプレゼンし、ゲットした。

(わたしの夫は素晴らしい人なのですが、長くなるとなんなのでどのように素晴らしいかはカットします)

 

しかし!!!

古いDVDレコーダーには、外付けHDDを繋げられるところが、、ないではないか!!!

(すっごいショックでした、もうほんと)

 

これは、、外付けHDDを繋げられるテレビがあれば!!

 

そうだ!

そうだ!!

4Kじゃ!!

 

電気屋さんに行く。

 

いろいろ話をしてたら、ブルーレイディスクレコーダーのほうがいいなと思い始める。

 

そして!

わたしたちは総力を結集して、ブルーレイディスクレコーダーを購入したのである。

(わたしの誕生日とクリスマスプレゼント、娘のクリスマスプレゼント、息子のクリスマスプレゼントの分で買うのだ!と力説して買った。息子はちょっと納得してなかったけど、金曜ロードショーが録画できるということで参加)

 

使い道がなかった外付けHDDもつけて

 

300時間も録画できるやないか!!!

 

セレブ。

容量セレブや。

なんもしなくてもいくらでも録画できる。

なんだこれは。

あの編集に時間がかかってた日々はなんだったんだ…!!

 

と、24時間テレビ前の番宣ラッシュも乗り切れた。

 

しかし、こうなると編集しなくなるから

初耳学のクレイジーカットは、、  

今年の春までのものしかない。

 

クレイジーカットDVD、見るの楽しいのにな…

 

春から溜まった分の初耳学を編集する日は来るのだろうか。

 

そもそも24時間テレビも編集してないぞ。

 

オタクとは、HDD残量と編集との闘いなのだ、と知ったのでした。

24時間テレビを振り返る

友だちへ送ったLINEのメッセージから辿る、

あの世界一熱かった平成最後の夏の記憶。

 

冬が来ようとしてる今、24時間テレビのことがすでに思い出しにくくなってます(なぜだ、あんなに刻みつけておこうと思ったのに…)

 

そこで、わたしが友だちへ送ったLINEから振り返ってみることにしました。

 

なんらかのことで高まったときにLINEしてると思うので(迷惑だな)、覚えておきたいことは網羅してるのではないかと思われる。(改めて迷惑)

 

ではまず、24時間テレビ前のものから。

 

2018年8月12日(日)13:41

こんにちは

 

世の中はお盆なんでしょうか?
エンジョイしてますか?

 

そんな本日は

 

ケンティーデー♪

 

14:15〜24時間テレビ事前番組生放送!
(ふまけんが出演…!熱い、熱すぎる!)

 

21:00〜行列のできる法律相談所
(ケンティー小栗旬のモノマネを。山田優さんの隣でやるメンタルの強さがたまりません)

 

22:00〜林先生の初耳学
(ケンティーのレギュラー番組。何年もかけてその場所を自分のものにしたケンティーに拍手。あと毎回かわいいから癒されます)

 

今年の24時間テレビスペシャルドラマの主演と、
10月から土曜10時のエンケンさんとのドラマの主演と、
12月公開の映画の主演のケンティー

 

ケンティーを突破口にして、駆け上がっていこうとしているSexyZoneのチーム体制に、

グループが一丸となって今年来年に勝負かけてるのを感じます。

 

ジャニーズの後輩もデビューした今、SexyZoneはどこまでファンを増やせるのか?!

 

嵐やSMAPのように国民的アイドルになれるのか?!

 

または、本人たちがいうように、世界に認知されるほどのグループへむけて、足がかりが作れるのか?!

 

本当のスタートは24時間テレビでの日テレによる激推し期間が過ぎたあと。

 

大河ドラマを見ているかのようです。

 

長〜いのを送ってすみませぬ。

ちょっと高まっちゃって!笑笑

 

15:24

今日のケンティーのヘアスタイルは耳かけんとでした。
かわいい!!!!(すみませぬ)

 

f:id:catoonu:20181111201703j:image

 

 

高まっちゃって、で済む問題かっていうくらい、長文を送ってる自分が怖いです…

 

 

2018年8月19日(日)13:16

 

こんにちは。

 

わたしも京都のサマースクールのお手伝いで1泊行ってきました。

 

帰ってきたら24時間テレビに向けて、Sexyたちが盛り上がってる!

 

そして!


24時間テレビの観覧当たったーー!!


26日、早朝から最後まで武道館に行ってきます!

 

直前生放送SPも生放送中〜♪

 

 

直前生放送を見ながら送ったんでしょう。。

観覧が当たったのはほんと嬉しかったです。

 

 

2018年8月25日(土)13:51

 

こんにちは😃

 

今日は!
ついに!
24時間テレビ

 

メインパーソナリティーが発表されてからの7ヶ月間、SexyZoneを見守り続けてついにこの日がやってきた(涙)

 

ここまでのあれやこれやで、もうすでに高まって泣きそうです!笑


(でも午前中仕事してきました、ミーティングなんです!これもまたすごい内容で楽しみしかない!!)

 

今週とかほんと畳み掛けるように番宣にでるし、雑誌もでるし、この私でさえも追いつけないくらいのボリュームでした(ちょいちょい高まり案件があって、終わったら1個1個整理したいところ)

 

しかし!


120%で乗っかって楽しみまくるのがMyStyleなので!

 

今日明日と猛暑の中、自分の体力の限界に挑みながらやりたいこと全部やります(!)笑

 

平成最期の夏!
平成最期の24時間テレビメインパーソナリティ!

f:id:catoonu:20181111201934j:image

 

 

ケンティーの写真まで使っての、セクシー時代の開幕を伝える長文。

いったいちょいちょい高まった案件とはなんだったのか。

冬が到来しようとしている今、もはや思い出せません。

 

 

14:19

汐留で、セクゾのパネルと写真を撮る列に並んでいます。
こっちの暑さもやばいです

 

さっき渋谷で

写真撮ってきた笑笑

 

f:id:catoonu:20181111204339j:image

 

ここが終わったら、武道館に募金に行くわ!

 

もう細かく伝え出してます。

渋谷で娘と待ち合わせして渋谷から汐留へ移動したのでした。

 

f:id:catoonu:20181111204552j:image

並んで撮った


f:id:catoonu:20181111204541j:image

大きなパネルに感動したわ

 

そして武道館へ。

名古屋からのセクガルちゃんと待ち合わせ。f:id:catoonu:20181111204547j:image

募金の列に並ぶ。

 

はじまった24時間テレビを見ていると友だちがラインをくれて、それに対する返事

18:49

見てくれて嬉しいよ!
武道館に並んでるよ!
でも、生でスマホでみながら!
あと何時間並べば募金できるのか?!笑笑

 

 

暗い!笑笑

f:id:catoonu:20181111204413j:image

 

 

がんばれー!とのメッセージと共になぜか友だちの友だちがわたしのファンになったと言ってくれたそうで

まじ?
ありがとう!
ビール飲みたーい!笑笑

 

19:10

23歳の名古屋からきたSexy友だちがビール買ってきてくれたー!

ほんとに買ってきてくれて飲みながら並びました笑  美味しかったな

 

トイレに行ったら列のどこに戻ればいいのかわからなくなり、さまよい歩くという事件も起きました。

なんか一人で並ぶハメになった娘がプリプリしてたけど、笑いがとまりませんでした(ひどい)

 

19:15

きた!!!

ケンティーーーー!

f:id:catoonu:20181111202227j:image

 

19:18

高マリウス!

f:id:catoonu:20181111202320j:image

 

19:26

募金してきた!
ケンティーがいたわーー!!

 

ここまで過酷でした。

暑いし、蚊もいるし、長い時間並ぶし。

何より菊池くんが武道館にいなかった。

娘(菊池担)が、いないんだけど!!!!

ってめっちゃ言ってた笑笑

しかし、楽しかった!!

 

 

19:56


#国民的Sexy

↑ケンティーがファンのために決めたハッシュタグ

もちろん。
もちろん、チャリティー番組でいろんな意見も批判もあることはわかってる。わかった上でのそこは抑えつつの、このチャンスを全力で活かしていこうという野心がたまりません。むしろピュア!

SexyZoneって最高〜♪

 

 

この#国民的Sexy、はすごいと思いました。

これはいつかものすごい武器として使える日が来るんじゃないかな。

あのとき決まっててよかったっていう日が。

(未来を見据えだす)

 

そして、ダッシュで家に帰り、ケンティーのドラマを!!

 

だけど!

 

武道館からの帰り道、すごい山道みたいなところ歩くの 涙

何時間も並んで足がヤバイのに、暗くて見えない大きな段差のデコボコの階段を下っていく女の子たち…

 

それでもオマエたちは募金したいのか?え?

こんなことでツライとか言ってる奴は応援する資格はねえ!

 

と言われてるかのよう…(疲れで被害妄想が酷かったのよ)

 

なんとか帰宅してドラマに間に合う!

f:id:catoonu:20181111204948j:image
f:id:catoonu:20181111205000j:image

かわいい

 

 

出かけててテレビ見てないという友だちに対して

22:29

ケンティーのドラマ、ほんとに演技がすごい進化してて、話の流れ意外にも高まって泣きそうです!

全然大丈夫!
明日の夜までやってるから!

 

大丈夫って言ってるところがね。

見てくれると信じてたのでね。

 

22:38

大丈夫!明日の夜まであるから、ゆっくり寝てからで!笑

 

でもほんと、ケンティーが素晴らしい。
そしてちょーかわいい

 

と言ってたら出先からの帰りの車中で音声だけつけてくれた、との報告が。

家族も一緒だったであろうに…

すみません、ありがとう。

 

22:46

ああー!
ありがたやありがたや

 

Wけんとがかわいくてかわいくて、悶えております!
ぼっちゃんずラブー!!

 

 

f:id:catoonu:20181111204942j:image
f:id:catoonu:20181111205011j:image

このシーンめっちゃよかったな

 

なんとなく、かわいい感じが共感できる、と言って頂いて

 

22:47

できた?
できたの?!

さあ、ケンティーワールドの入り口へ!

 

一歩踏み込んだらパラダイスなのにな〜笑

でも覗くだけ覗いて〜

 

このあと、松島orマリウスのオネエ疑惑について、え?一体どっちがそう思ったの?え?

と、誤解を解く細かいやりとりが笑笑

オネエ疑惑…笑

そして、サンシャイン松島を見てくれてて、あれは面白かったと言ってくれてて、なぜかわたしが感謝の意を表明してました

 

 

 

2018年8月26日(日)

 

この日は早朝に家を出て(2時間睡眠)

6時半くらいには武道館につきました。

半日ぶり。

 

座席はステージ正面方向だけど、かなり上の方。

ギリギリ座ったまま双眼鏡でMC席のメンバーが見える。

 

 

11:21

こんにちは。
武道館です。

アンパンマンをおどるケンティーがかわいかった…


あと9時間もあるかと思うと、昨日もっと募金しておけばよかったと思うレベルで幸せです。

 

 

12:43

ケンティーがMC席からいなくなって、眠気と戦っています。

 

SexyZone5人揃ってるのをまだ1回も見てなくて、5人並んでるのを見ただけで感動しそうなレベル。

 

細川ひろしはほんとに歌が上手いし、フォルテッシモとGET WILDが歌われたときは盛り上がったし、寺田心くんは本当にかわいくて良い子なんだなと思いました!


武道館からは以上です!

 

ほんと、付き合ってくれてありがとうございマリウス!

 

聡マリ、ダンス頑張れ〜〜

わたしも頑張る〜〜

 

 

体力と気力との勝負でした。

Sexyたちは自分の役割を果たすために出たり入ったりしています。

ケンティーと勝利くんは、まあまあMC席だけど、ふまそうまりは出入り多め。

CM中が見れるのは楽しいけど、そんなに特別なことはしていない。

毎回来るゲストのために、立ち位置を変えたり、スタッフさんと確認したり。

(今覚えてるのはそのくらい…)

 

15:41

なかなかの体力勝負の時間帯、、、と思ったら、セクゾ1曲歌ったので持ち直した〜!
はじめて5人揃ったー!

けど、また3人に…

 

 

おそらく、この時間帯のあとが1番しんどかったと思う。

ボーッとしてくるし。

YOSHIKIのリハーサルが入念だったことは覚えている。

 

 

これはSexyつながりの友達に送ったもの

17:57

こんばんは。


だいぶ後半戦になりましたね。

笑点の間は武道館は休憩っていうか、YOSHIKIのリハでした。

 

シフト制のバイトなのかと思うほど、5人がなかなか揃いません笑

 

MC席に、


けんしょりそうだと楽しそうにしゃべるけど、ふまけんだとほとんどしゃべらない、

ふまけんしょりでも、ほとんどしゃべらない、

ふましょりもあんまりしゃべらない、

しょりそうはしゃべる、

聡マリはほとんど一緒にいない。

みたいなのを観察している

 

 

まるで暗号のような文章だ。 

 

その後はクライマックスでLINEしてる場合じゃなくて、終わったあとにSexyつながりの友達に送ったもの

22:56

オンエア終わった後、

まずみやぞんがメンタルチェックがあるので去って、そのあとゲストが去って、

パーソナリティだけになったあと、

セクゾ(ケンティー→マリ→そうちゃん→勝利→風磨くんの順で)挨拶があって、

木村佳乃さんも挨拶して、

徳光さんが挨拶して、

日テレの社長が挨拶して、

みんな帰って行って、

セットの解体が始まりました。

 

 

放送後の挨拶はジャニーズwebに載ってた。

 

ちなみに観覧のあとも山道のような帰り道でした。

感動が冷めるかと思うほどの暗い険しい道のりでした。笑

 

23:40

遅くにごめんね。
帰ってきました。

 

いろんなことがありすぎたし、疲れ果てたけど、この2日間に悔いはない!

 

SexyZone最高だし、ケンティーっていつだってファンのことハッピーにしてくれる天才でした。

 

いろいろ送っても優しく受け止めてくれてありがとう!

お騒がせしましたm(__)m

 

めちゃくちゃお騒がせだと思う、自分。笑笑

ほんと友だちには感謝。

 

武道館で、CM中にも1番客席のほうに何かしてくれるのはケンティーだった。

彼の半分はサービス精神で作られているのだ、きっと。

あんなに疲れててもおかしくないのに。

 

あとは…あんまり覚えてなくて。

 

U・S・AのときのSexyたちがフリが揃っててかわいかったとか。

一瞬、眠そうだった?あれ?ってときがちょっとあったな、とか。

 

最後の挨拶で、とくにケンティーが涙ながらに話してる時はわたしもめちゃくちゃ泣けてきました。

ただでさえ睡眠不足と疲労と暑さで顔が大変なのに、こんなめちゃくちゃにしてくれてなんてことなの、という意味でも泣けました。

 

Sexy Zoneに疲れは見えませんでした。ほんとまじめにちゃんとしてて、VTR中もちゃんとリアクションしてて、素晴らしかったよ。

 

 

 

次の日、朝からSexyつながりの友達に送った文章。

これがわたしの24時間テレビが終わって直後の素直な感想なんだと思います。

2018年8月27日(月)8:29

おはよーございます!

 

放送後のセクゾの挨拶は、わたしが聞いてる分には、会場に来てる人へ、というよりも、スタッフさんたちや、関わった人に向けての感謝が強かったと思いました。

 

最後の風磨くんが、スタッフさんたちが全力で取り組んでるのについていくしかできなかったです、SexyZone今後もよろしくお願いします、なんでも言うこと聞きます、と言ってました。

 

今後も仕事くださいってことかなーと感じましたね〜

 

セクゾは疲れは見せても誰もあくびもしてなかったし、見てる限りそこまで眠そうにもしてなかったです(わたしのほうが眠い時あったくらい)

 

CM中、勝利くんは暇さえあれば台本をめくってて

 

そうちゃんは、ほんとにずっと笑顔で

 

夕方の一番疲れが見えたときに、それでも真剣にVTRみて頑張ってリアクションしてたけど、CM中に一回マリちゃんが目をつむってて、寝た?!とか思ったけど、となりの風磨くんはとくに起こしたりもしなくて、本番入る前にちゃんと起きてたり

 

ケンティーは疲れてそうなときも、ずっと、ときどき客席に手を振ってくれたりしてましたね。

 

風磨くんは、周りの人を前に行かせたり、自分は下がっても配慮してたり、座る場所なくて変なところに座ってたり、全体を見てた

 

みやぞんがゴールした後、セクゾはしゃがんでましたが、勝利くんはなんとかみやぞんにマイク向けてて(位置的にそういう位置になっちゃって、ほんとは水卜ちゃんがやろうとしてた思う)、でもみやぞんマイク持ってくれなくて笑
頑張ってた

 

マリちゃんが一番募金に来てる人たちに手を振ってたと思います

 

でも一番MC席にいなかったのはマリちゃんかなあ

 

 

彼らの姿をずっと見ていられるのは幸せだったけど、ほんとに体力的には厳しかったな笑

 

次の日朝から仕事で、娘は学校で、でもあんなSexyたちの頑張りの後に眠いとか言ってられなくて、自分で行きたくて行った武道館だし、と朝から試練と戦いました。

 

平成最後の夏の、ほんとに最後にこんな体験ができてよかった。

 

LINEを受けとめてくれた友達にも感謝。

 

ありがとうー

 

ちなみにですが、わたしたち(娘と2人)は、チャリティーシャツを4枚持って行ってSexyたちが着替えるたびに自分の担当と同じTシャツに着替えてました。謎のこだわり。笑

 

悔いはない!

 

ドロ刑5話は三角関係?!

まだらめくんのために、帰ってきたよ!

飲み会から!!(飲み会かよ!)

 

少クラスクワットのせいで

(参照  腹筋KISS - これもまた愛  )

 

ものすごく筋肉痛でね!

歩くのが遅いのよ。笑

 

家に着いたら21:53でした。

ギリギリ間に合ったーー!

 

まだらめくん!!

 

今日のハッシュタグ指令を確認!

エス

#ドロ刑みてる

ね!了解です!!

 

と、テレビの前でスタンバイ!

 

今週のまだらめくんは、酔っ払いのち孫でした。笑

 

孫ー!

f:id:catoonu:20181111174525p:image

上目遣い〜


f:id:catoonu:20181111174519p:image

美味しいだけでこんな喜んでくれるの?


f:id:catoonu:20181111174445p:image

座り方ー!


f:id:catoonu:20181111174508p:image

柿でこんな喜んで


f:id:catoonu:20181111174502p:image

くちびるがぷるるん


f:id:catoonu:20181111174453p:image

いやまじで、2月から12月を見たい。

そして販売してほしい。


f:id:catoonu:20181111174513p:image

切ない!切ない孫!

 

もうまだらめくんはまだらめくんで中島健人くんには見えなくなりつつあります。(だってケンティーと違いすぎるもの)

 

f:id:catoonu:20181111183236p:image

ここだけはちょっとケンティーみを感じたけど笑

 

 

物語としても中盤で、だんだん謎が解けつつ、深まる謎もありつつ。

 

皇子山さんの謎は全部は明かされなかったね。

まだらめくん、聞いてなかったけど、婚約者をケムさんに…?

(ケムさんそんなことしなさそうすぎて、まさか!と思えないんですけどね)

 

さて!

今回は酔っ払いまだらめくんの回でした。

酔っ払いシーンが3回(回想を別にカウントすると4回)ありました。

 

それと気になったのが3人の関係性…

 

今週のデート

 

①ケムさんとデート

f:id:catoonu:20181111175239p:image

ふにゃふにゃ


f:id:catoonu:20181111175228p:image

皇子山さんも加わって(この3人…)

ある意味修羅場のような…笑


f:id:catoonu:20181111175258p:image

途中はケムさんと皇子山

 

f:id:catoonu:20181111175212p:image

復活してひょっこり(ボディタッチ)

 

②まさかの皇子山とデート
f:id:catoonu:20181111175312p:image

ボディタッチ(再び)

 

③ケムさんと外デート
f:id:catoonu:20181111175217p:image

こんなかわいい顔してる…


f:id:catoonu:20181111175206p:image

こんなメモもらったら飛んでいくに決まってる

 

 

④外デート再び
f:id:catoonu:20181111175303p:image
f:id:catoonu:20181111175245p:image
f:id:catoonu:20181111175251p:image
f:id:catoonu:20181111175158p:image

イチャイチャしすぎーー!

 

⑤また皇子山とデート(泥酔)
f:id:catoonu:20181111175318p:image

 

今回の話…

皇子山、ケムさん、まだらめくんの三角関係なのでは?(は?)

 

ケムさんとまだらめくんのラブラブぶりに割って入る皇子山…

皇子山にも優しさを見せるケムさん。(ヒント教えてたから。利用したともいう笑)

ケムさん、まだらめくんと距離を置く(電話番号変えたりして連絡取れなくなったって言ってたもんね)

しかし、やっぱりオレはまだらめが!

f:id:catoonu:20181111182300p:image
f:id:catoonu:20181111182306p:image

という意味で、写真を1枚だけ置いていくケムさん(違)

そして、3人の関係は

f:id:catoonu:20181111182413p:image

ケムさんを巡る三角関係…!!

 

もおー、ケムさんの色男め!

 

 

 

今週は

#ドロ刑みてる

がトレンド最高8位まで上がったようで何より。

 

先週はいきなりすぎたもんね。

 

今後の目指せトレンド入りも気になるところ。

 

来週も楽しみです!

 

腹筋KISS

見ました???

 

見ましたーーー???

 

すっぴんKISS!!!

 

かわいい。

かわいいよ。

 

Sexyたち、かわいいよー!

 

おかげでわたしのヒザはガクガクです。

(事実)

 

 

少クラはできる限りリアルタイム派です。

なんとかごはんを作るタイミングをどうにかして、なんとか見ようとしてます、Sexyたちが出るときはとくに。

 

で、いつも、

17:58くらいにスタンバイに入り、前の番組の

 

新BS!にっぽんのうたー!!!

 

をなんとなく一緒にこぶしを突き上げながら声を出してウォーミングアップしますよね(みんなしない?するよね?しないの?) 

 

で、そのときにフと思ったんですよ。

 

今日お昼ごはん食べ過ぎたな。

そうだ、Sexyたちが出ている以外の時間はスクワットでもしよう!

そしたらこの1時間がより有意義なものになるはず!

 

って。(急にね)

 

そう思ってソファから立ち上がり、スクワットをしながら見始めました。(ワクワク、すっぴんKISS楽しみだな)

 

番組スタートして1分。

キンプリのMemorialが憎らしく…

ヤバイ、このままいくとわたし死ぬ気がする。

 

ということで、曲の後半1分は休む。

と、決める。(だいたい大サビくらいから)

 

そうじゃないと、ゼェゼェ言ってて、ケンティーどころの話じゃなくなりそうだから(まあ、その前になぜそんなことを始めたのかって感じなんですけど)

 

スクワット続ける…

 

お願い!早く出てきてー!

ケンティー!(勝手な話)

 

…今日のSexyたちの出番は後半に固まってたよね。涙

 

始まって15分でヒザが痛くなってきて、これはまずいと思って。

作間くんの日記のようなコーナーで思い出したように先日買ったBCAAのアミノ酸ドリンクを作って飲む。

 

その後もスクワット。つ、、ツライ。

 

HiHi JETのあたりでもう無理…涙

ってなってきて、腹筋に変更した笑

 

あの初耳学で風磨くんがやってたスタイルの腹筋の鍛え方(ひたすら耐える)

 

f:id:catoonu:20181109210655p:image

(参考画像2018年10月7日 初耳学より)

 

もうわたしの耳になんの音も入ってこない。

ハアハア言う自分の息だけ笑笑

 

なにしてるんだろうか…

 

せめて美少年たちを見よう、、と画面を見て思った。

 

なんかちょっとだけ癒される…

美少年の力ってすごい。

(すごさの感じ方が独特のスタイルですみません)

 

モモがもう痛い!

 

そして、やっとやってきたフリゲーバトルのコーナー!

 

ああー、ケンティー

しょりけんー!

(筋トレ休めるー!)

 

おや、今日も中島健人くんの笑顔が眩しいよ!

衣装もかわいい〜

 

f:id:catoonu:20181109210859p:image

(ヒザをつくほど笑ってらっしゃる)

 

と見てたら

 

なに??

え?なに?

f:id:catoonu:20181109210832p:image

突然の腹チラ。

 

え?もっと腹筋頑張ってって言うわたしへの合図?

そういうこと?(絶対違う)

 

そのあとのしょうそうによるジュニアにQのコーナーもかわいかった(休めたし)

 

そのあとまたスクワットして(ヒザが、ヒザがー!)

 

で、ふまたんにQ!

ソファに舞い戻ります!!

スィット ダァーゥーン!

 

ふまたんとは菊池風磨くんのことですよ、奥様!

そういえば、このまえ、あんなにふまたんのブログのことを書いたら昨日また更新してくれたね!わたしの想い、届いたのかな☆(スクワットのせいもあって脳が死んでる)

 

f:id:catoonu:20181109211005p:image

(楽しそうに後輩に絡んでたね!笑)

 

そしてついにーー!!

きたーー!!!

 

すっぴんKISS!!!! 

(ふまたんにQのおかげでハァハァしないで見れます!ありがとう!ふまたん!違)

 

ハッ!最初からもうかわいい!!

f:id:catoonu:20181109211059p:image

(前のめりに見たいけどとにかくヒザがガクガクしててムリ)

 

f:id:catoonu:20181109211315p:image

ラクティス!


f:id:catoonu:20181109211217p:image

ここ、歌い方がいい!


f:id:catoonu:20181109211310p:image
f:id:catoonu:20181109211229p:image

さすがー!指までしっかり意識の入った投げキッスです!


f:id:catoonu:20181109211204p:image

わたしが見とれる


f:id:catoonu:20181109211243p:image

会う度にかわいいのも勝利様だと思います

(ここのけんそうはかわいい)


f:id:catoonu:20181109211237p:image

すっぴんSexyが歌詞に!

そして歌うのはケンティー

素晴らしい!


f:id:catoonu:20181109211211p:image

ここのケンティーの動きがケンティー(意味)


f:id:catoonu:20181109211254p:image
f:id:catoonu:20181109211248p:image

この曲のふまたんかわいいね!!!


f:id:catoonu:20181109211300p:image

 

ケンティーの手足の長いこと!!

普通の服みたいな衣装だからか、いつもに増して手足の長さを感じました。

 

かわいいけど、やりすぎないようにしてるのかな(声:娘)

 

たしかにー!

そうかもね。

「すっぴん」だし!

(オマエ、我が娘ながらいいこと言うな!)

 

歌詞の割り振りがぴったりだった気がしたよ。

さあ、恒例(?)の作ってる人はだれ?のコーナーです。
f:id:catoonu:20181109211223p:image

詞:Kanata Okajima / KOUDAI IWATSUBO

曲:Simon Janlov / KOUDAI IWATSUBO

 

KOUDAI IWATSUBOさんは

「最後の笑顔」の作曲もやってる人なんだね〜

ほかに、Hey!Say!JUMPの「マエヲムケ」とか、Little Glee Monsterとかけっこう作ってる方なのね。

 

Kanata Okajimaさんは、わあ、今をときめく売れっ子作家さんなのか!

作品数がめちゃくちゃ出てきた〜

三浦大知のEXCITEとか!

安室ちゃんとか!ほかにもたくさん。

おぉ、Sexy Zoneでいうと「恋するエブリデイ」の作曲。なるほど〜

 

Simon Janlov(サイモン・ヤンロフさんと読むんですね。スウェーデンの方!)

だいぶ嵐さんの曲をやってるんだ〜

つなぐ、とか、Doors〜勇気の軌跡〜とか。

へえー!Hey!Say!JUMPもか。ほぉー!

 

(これ、調べて楽しいの、わたしだけ?

楽しくない?そんなことない?

アイドルやJ-popの人に曲提供する仕組みってどうなってるんだろうなあ〜

気になるわ〜)

 

すっぴんKISSのあともスクワットをして(ガクガク、ひざ、ガックガク!)

 

おまけコーナーに、ケンティーー!!

f:id:catoonu:20181109215256p:image

カメラ目線。


f:id:catoonu:20181109215302p:image

カメラ目線。


f:id:catoonu:20181109215224p:image

ほら、平野くん困るから〜


f:id:catoonu:20181109215218p:image

かわいいな(カメラ目線)


f:id:catoonu:20181109215249p:image

ハグだってカメラ目線。


f:id:catoonu:20181109215229p:image
f:id:catoonu:20181109215235p:image

はー!!かわいいな!あざといな!!


f:id:catoonu:20181109215240p:image

オマエを守らなくてごめん

 

って。笑笑

ずっとウザケンティーでした笑笑

 

さて、スクワットと腹筋しながら1時間を過ごしたわたしは、Sexyたちのかわいさとひざのガクガクで大変なのでした!

 

かいた汗でわたしもちょうどすっぴんに!(うまくない)

 

しかし、いつもよりもスクワットも腹筋も長くできたのは事実!

 

次回もやる…かも…??

いやぁー、どうかな。

明日の筋肉痛のレベルによるね!(あさってじゃないといいね!)

 

あ!勝利様のラジオ!

金曜日は忙しい!笑笑

松島聡、中島健人を「変態」

今週のQrzoneは約3ヶ月ぶりのケンティーこと中島健人くん登場の週でした。

 

(Qrzoneとは:Sexy Zoneのレギュラーラジオ。月曜から木曜、22:30ごろから文化放送での10分番組である。週替わりでメンバーから2人ずつ出演、組み合わせによってそれぞれの楽しみがある)

 

今週の相方は、松島聡くん。

いわゆる、けんそう、の組み合わせ。

 

久しぶりの登場だからか、とにかく楽しそうでした(よかったねえ)

 

f:id:catoonu:20181108213654j:image

(参考画像2018年Myojo6月号より)

 

月曜は久しぶりの登場ということで、

 

「僕のこと待ってたのかな?

じゃあ…#Qrzone#KTT(をつけたツイート)で

 

オレへの愛を解き放ってください(良い声)

 

どれくらいオレを待ってたのかっていうね」

 

け、ケンティーーー!!!

 

ものすごい速さでつぶやいた。

ハッシュタグつけてつぶやいたわ、わたし。(従順)

 

飼いならされたオタク、なんていう言い方もありますが、自分ではそこまでじゃないと思ってるんだけどな〜(いや、けっこう言いなり?もう!中島くんの言いなりになんてならないんだから!はぁ?)

 

そのあと脚フェチであるケンティートークは、

女性は死ぬまで脚を出しても許される

でも寒がってお腹を壊さないように

スカートが好き

胸より脚なんだよオレは

脚の好きな部位は腿上

彼女には君のきれいな部分をアピールしてほしいからビキニ派

でも誰かにあげたら…オマエわかってるよな?(なぜだろう、ちょっとドキッと…え?元々がM体質だから?いや、Mってね、SとMっていうのは(強制終了))

 

という脚トークを繰り広げてました。

(ちなみに聡ちゃんはスキニーなど露出はそんなにしないでほしい派)

ずっと脚の話やないか。(楽しそうで何よりです)

 

ケンティーは女性の脚はすべて美しいと思ってるんだろうな。

…いろんな脚が、、あるよ、、(遠い目)

 

 

2日目の火曜日は、ボケ倒してめんどくさいケンティーからスタートしてました。

 

アイドルの職業病はなんですか?というメールに対して

「朝起きれない」「夜更かししちゃう」

聡ちゃんの、誰でもありえるじゃん、というツッコミ待ち笑

聡ちゃんめんどくさくてごめん(わたしが謝っておくね)

 

でも一応ちゃんと質問に答えるのがケンティー

「やっぱり…言葉に彩りがある。ステキとか華やかとかそういう言葉よく使っちゃう…あ!オレだけか!」

(そうね、あなただけだわ、心の中でわたしは言った)

 

そのあと

聡ちゃんアイドル職業病は目ヤニが多いこと

ぼくらはアイドルだから目ヤニはつかない

これネットニュースになるわ

Sexy Zone松島聡「目ヤニはない」笑

ケンティーはアイドルという職業がすきでしょ?

アイドルはストイックじゃないとできないから変態

1番ストイックなのはケンティーだから変態だと思う 

Sexy Zone松島聡メンバーの中島健人を「変態だと思う」笑

これモデルプレス(ネットニュース)だな

松島聡、メンバーを「変態扱い」

まあ、変態だと思うよ、正直

オレ変わってると思う

いろんな景色みるの大好き

一つの景色だけじゃなくて

いろーんなところからSexyを受け取ってると思う

最近Sexyくんって言われるんだよね

それだけSexyが広まってるということ

ありがたいよね

 

という話をしてました。

 

そのあと、好きな人に彼氏がいたらどうしますか?

に対して

奪う、ごめん、奪う奪う

法的に問題がないから

これも(ネットニュースに)載るよ〜

中島健人、役では刑事、プライベートでは泥棒

 

と、ネットニュースのタイトルで盛り上がってました笑

 

なんかね〜

ここに、ケンティーのいろんなものがギューッと詰まってる。

 

・キレイな言葉を使うこと

・目ヤニはつかない…笑

・アイドルとしてストイックなこと

・変わってる、むしろ変態

・それを自覚してること

・Sexy語録を言い続けてきたこと

・嫉妬深い

・でも法律は犯さない笑

 

それと、なによりも思うのは、SNS時代のアイドルだってことですね。 

 

だって、ネットニュースになったしね!笑

Sexy Zone中島健人「ドラマでは刑事、プライベートは泥棒」 - モデルプレス

 

ケンティー先輩さすがッス。

 

ジャニーズはSNSができないようで、誰もツイッターやインスタのアカウントを公表していないですよね。

(まあ、こっそりやってるんだろうなとは思うんですけどね笑  いや、知らないが)

 

ブログだって、有料だし、そのブログもちょっと前まで本人の顔が映ってる写真はダメでした。(そんなときもケンティーは、自分の影を映しこんだりしながら楽しいブログをやってくれてたけど)

 

わたしが有料登録してケンティーのブログを見始めたとき、衝撃だったのは、ケンティーがめちゃくちゃハッシュタグを使ってたこと。

 

インスタだとバンバン使うじゃないですか。

#こうやって普通に

#文頭につける

#ハッシュタグの使い方

#わたし慣れてない

 

こういう感じだったので、驚いた。

どこにも繋がらないケンティーハッシュタグ

流行りがすきなのかなー、くらいのことでした。笑

 

それが、だんだん#KTTをメインに使われ出して

ケンティーのつけたハッシュタグをファンが使ってつぶやきだしたので、

ケンティーのどこにも繋がらないハッシュタグは、結果的に世界と繋がったのでした(感動)

 

で、だんだんエゴサしてることを一切隠さないアイドルになっていったケンティー。笑

 

#KTTをつけてつぶやくと、ほんとに彼の目に入るシステムが作られるように。

 

そうするとケンティーラバーズの#KTTのついたツイートは、ほとんどケンティーへのラブレター!

 

ファンにとっても、ファンレターよりも早く直接本人に届くかもしれないメッセージ、つぶやき甲斐がありますよね。

 

実際、ケンティーラバーズの1人のつぶやきに対する答えのようなことをブログに書いてるときもあったし。(しかしケンティーのブログは常に謎解き要素が多いので、正解はケンティーのみぞ知る)

 

これは、でも、すごい便利だなと思った。

#KTTで検索して出てくるのはファンのつぶやきだけじゃないですか。

 

今、ケンティーラバーズがどんな感想を持ったか、がすぐにわかる。

 

#中島健人

とかだと、いろんなのが入ってきちゃってわかりにくいの。

 

こんな使い方、ケンティーはわかってやってたんでしょうか。

 

さらに、もう一段階、ケンティーハッシュタグは進化を遂げる。

 

まず、ゴチになります、のレギュラーが決まったときに、せっかくだから盛り上げたいファンだったけど、

#ケンティ

なのか

#ケンティー

なのかで割れたのね。

 

同じ言葉じゃないとカウントが別になっちゃうからトレンドには入りにくい。

 

そんなときにもKTTで

#ケンティー

と統一してくれたのでした。

 

サービスが細やか。(福利厚生、手厚いですよ)

 

さらに、24時間テレビ前の初冠番組のときに、ケンティーが指定したタグ

#Sexy冠

がトレンド入りしたのだ。

 

これ、すごいと思った!

どこの世界にタグを指定してくるアイドルがいるのだろうか(いやいない。反語)

 

さらに、24時間テレビを盛り上げたいファンのために

#国民的Sexy

というタグも作ったケンティー

 

24時間テレビはチャリティーだし、公式のタグもあるしで、これをそこまで使いこなすことは難しかったけど、

これはいつかすごい武器になるんじゃないかと密かに思ってる。ファンの間で認識されたタグだと思う。

 

ここまで、ケンティーのブログとファンのツイッターでのやりとりでのことじゃないですか。

 

そしたら、先週のドロ刑では

ドロ刑公式ツイッター、インスタから

#ドロ刑みてる

でトレンド入りを目指そうというのが発信された。

もちろん、これはケンティー案でしょう。

 

公式をも巻き込み、自分からSNSをコントロールしにいくアイドル中島健人

 

いったい、どこまで考えてやってるのかな。

 

エゴサしてるとかしてないとか、そういう話じゃなくて、自分の置かれた環境で、できる限りの戦略を張り巡らしていく、この感じ。

 

成長途中のSexy Zoneだから、

そのSexy Zoneの切り込み隊長中島健人だから、

この今、現在、なにかを編み出していくところをリアルタイムで見ていけることの楽しさがある。

 

今後、どうなっていくのかな? (ワクワク)

 

ケンティーは変態。

松島くんの言うこと、わかるよ!!

 

さて、今日もQrzone4日目が22:30ごろからありますよ。

ちょっと聞いてみてはどうですか?

radikoを使ってスマホでも聴けます!

https://radiko.jp/mobile/

 

それと、今夜は映画ニセコイの完成披露イベントでしたから、明日の朝のワイドショー番組できっとケンティーのSexyコメントが聞けるでしょう!(予約しよっと)

直視できない問題

昨日CS放送のエムオン!で

「カラクリだらけのテンダネス」のMVのショートバージョンが流されたんですけども。

 

なんだろう。

なんだろう、あれは。笑

 

すっぴんKISSのMVとリンクしてるみたいで、、

ドリフばりのリアクションのSexyたちからの、

トレンチコートSexyに繋がってたけど。

 

トレンチコートSexyたちが、車の中であんぱん食べてたな〜

 

運転席がケンティーで、助手席がしょーりさんで、後部座席に聡ちゃんと風磨くんとマリちゃんが座ってました。

 後部座席、ぎゅーぎゅーなんだけど笑

マリちゃん183cmくらいあるし、風磨くんも大きいし笑

聡ちゃん、あんまり見えなかった気がするんだけど笑

 

そんであんぱん食べてるって笑

 

ちなみに、ケンティーは白あんで勝利くんのあんぱんはつぶあんだったようです。

 

MVたのしみにしてて、しかしこの予想の裏切り方。斬新。

これぞSexy Zoneだわ〜(たまらない〜)

 

MVのことは発売されてじっくり見てから考えるとして。(考えるんだね)

 

ここまで散々いろんな写真を貼ったりしてきてナンですが

 

じつは中島健人くんのお顔がステキすぎて未だに直視できない時があるんですよね。(えへ)

 

例えばこれの画像。

 

 

アァー、長く見ていられない!!

 

チラッと。

チラッと見るだけで

 

もう大丈夫ですからぁ〜

もうこれ以上、わたし耐えられない…!

(閉じる)

(開く)

やっぱり…

いや、でも、もうこれ以上は…

(閉じる)

(でもちょっとしたら開く)

 

っていう、謎の開け閉めをやっちゃったりするんですよね。(ヤバイね、それは)

 

とくに、ファンになりたての頃は、もう無理だった。

とにかく写真という写真を見ていられなくて(異常事態)

 

とても雑誌なんて買って見れなくて、

ラジオのほうが顔を見なくてすむからすきでした。笑

 

あれは、どういうことなのか。

 

1.ケンティーに見られているようで恥ずかしい(見られてるわけじゃないってことはわかってる。わかってるんだけど!)

2.アイドルの写真を見て喜んでいる自分を客観的に見ると滑稽で恥ずかしい(今までハマったことがないものでね…)

3.美しさに目が眩んで見ていられない(これはあるよ!ある!)

4.ケンティーの目ヂカラがすごすぎる(これもあり得る)

 

という4つの理由が考えられた。

 

わたし、とくにケンティーがタイプってわけでもないのにな(ボソ)

 

なんでだろう。

謎は深まるばかり。

こうして今日も開けたり閉めたりしながら暮らしていくのです。

 

いつか、慣れる日がくるのかしら。

それはそれで寂しいような。

 

そんな秋の夜長だったのでした。

 

ここで一句!

 

秋の夜

深まる謎に

好きだ、ばか

 

f:id:catoonu:20181108081842p:image

 

f:id:catoonu:20181108081846p:image

 

♪ルンルン ルルルルン ルルル ルンルン

(ルとンがゲシュタルト崩壊しそうです)

 

(勝手にYouTubeから画像もらってきました、すみません)

 

SexyZoneの名曲「ぶつかっちゃうよ」を歌いながら

また次回お会いしましょう〜

 

(こんなくだらない内容でいいの?!

いつもだけど!!これはヒドイな!!)

ケンティーの素晴らしいところ

ついに発表!(ついに?)

 

私的ケンティーの素晴らしいところランキング

(10/26私調べ。下書きを書いたのがこの日だったんです)

 

第1位

高い目標を持ち、そのことに集中している

そしてそれを隠さない

 

第2位

ポジティブで前向きな言葉を使うこと

 

第3位

人を楽しませるにはどうしたらよいかを考えている

 

第4位

物事に一生懸命に取り組み、その姿が美しいこと

 

第5位

お顔がキレイで足が長くて声がいいこと

 

以上、第5位まででした。

 

 

ケンティーの素晴らしいところ、たくさんあるけど、具体例もたくさんあるけど、

どれをとってもおそらく上記の第1位のことがあるからだと思うんですよね。

 

この理由は突き詰めていくと、わたしの人生観や価値観に通じてくるんだと思います。

 

(ええー、重くない?重くないー?!こわくない?アイドルすきなのにそんな深い話になるの??無理、そんなの自分には無理だわ〜!笑  っていう人もいますよね、そうですよね、わかります。)

 

わたしにも、人生で目指すところがあって。

それに対して本気で取り組んでるけど、だからこそ、失敗したり、凹んだり、自分のダメさに落ち込んだりします。

 

もうそんなこと叶えられないんじゃないか、という弱気な気持ちになったりもします。

 

でも、あきらめたくないから、必死にしがみついてるところ、自分の目指すところに。

 

だけど、ケンティーは、確実に目指すところを見据えてまっすぐ前を向いてすくっと立って歩いているように見えます。

 

それが、わたしには眩しくて、羨ましい。

または勇気を与えられる気がする。

 

(重いなー、重い!笑)

 

3人のレンガ職人の話、知ってます?

もとはイソップ童話らしいけど。

 

旅人がレンガを積んでる男に向かって聞いてみた。何をしてるんですか?って。

1人目は

見ればわかるだろ?レンガ積んでるんだよ。朝から晩までレンガを積んでて大変なんだ。

と答えた。

2人目は

大きな壁を作ってるんだよ。これがオレの仕事。

と答えた。

3人目は

歴史に残る大聖堂を作ってるんだ。素晴らしいだろう?

と答えた。

 

っていう話ね。

(ざっくり〜、まあ詳しくは調べてみて)

 

ケンティーは絶対3人目のレンガ職人だと思う。

 

甘い言葉を言ってるときも、雑誌のインタビューを受けているときも、きっと自分の夢につながってることをわかってやってるんじゃないかな。

ビジョンが見えてる。

 

だから真剣に本気で取り組めるんじゃないかな。

 

そう思っています。

(いちオタクの妄想ですけどね)

 

この素晴らしいところについては繰り返し分析して書きたいから(本気すぎる笑)

今日のところはこのへんで。

 

最後に目標を見据えるケンティー(かどうかは知らないけど、このまなざしが素晴らしいよね!)をおいておきますね

f:id:catoonu:20181107161004j:image

(キネマ旬報NEXT vol.22より)

このインタビュー、よかった!